Data Loss Prevention SDK

自社のソリューションに、クロスプラットフォーム対応のデータ流出防止を追加

ソフォスの Data Loss Prevention SDK は、さまざまなプラットフォームに対応する、導入が容易なデータ セキュリティ ソリューションで、自社製品に DLP 機能を追加し、迅速に市場参入を考える OEM パートナーに最適です。ソフォスの既存のマルウェア対策エンジンやコンテンツ解析エンジンを利用することで、迅速かつ効率よく導入できます。ソフォスのデータ流出防止 (DLP) 機能は、ファイルの識別、テキストの抽出・変換、機密データの検索を実行します。SophosLabs が提供する包括的なライブラリに基づいて機密データを識別し、個人識別情報 (PII) や金融・医療データなど、あらゆる種類のデータに対応し、すばやく検知します。

競合他社との差別化

既存のお客様に軽量な DLP ソリューションを提供することで、新たな収入源を確保することができます。

簡単なデータ流出防止機能をお客様に提供

PCI DSS、HIPAA などのデータセキュリティおよびデータ保護規制への対応と、知的財産の流出防止をお客様に提供します。

実績のある導入しやすいテクノロジー

  • エンドポイントとゲートウェイの実績によりパフォーマンスを最適化

    ソフォスの DLP エンジンは 1千万台を超えるエンドポイントと数千台におよぶゲートウェイアプライアンスに導入されています。

  • 低い運用コストで、メンテナンスはゼロ

    ユーザーメンテナンスは一切不要です。ソフォスのアップデートシステムによって、お客さまへデータが安全に自動配信されます。

  • シンプルなコンプライアンスを実現。パフォーマンスの向上

    カスタマイズ可能なデータ定義のリストをあらかじめ用意し、機密性の高いコンテンツの取り扱いを制御できます。また、シングルパス方式で脅威 / DLP スキャンを実行するためパフォーマンスが向上します。

OEM セキュリティのリーダー企業と連携

Sophos OEM パートナーになって、ビジネスを変革。
統合や使用が簡単な OEM セキュリティテクノロジー