拡散中の "Wanna" ランサムウェアから保護する方法について。     詳細を読む

Sophos Antivirus for Linux

概要

Linux は他の OS に比べて安全性が高いと思われる傾向があります。しかしながら、開発者用プラットフォーム、Web サーバー、社内ファイルサーバーなど、重要な役割を担う業務に利用されるため、Linux を狙った攻撃はますます増加しています。セキュリティ対策が施されていない Linux マシンは、Linux 向けの脅威やマルチプラットフォーム対応の脅威から攻撃されやすいばかりでなく、Windows、Mac、Android 向けマルウェアの中継役となる恐れもあります。

Sophos Antivirus for Linux は、Linux サーバー / デスクトップ対応の優れたオンアクセススキャン、オンデマンドスキャン、スケジュールスキャン機能を搭載。最高レベルのパフォーマンス、安定性、信頼性を幅広い Linux ディストリビューションに提供します。

無償ツールについては、メール、お電話等でのサポートは一切ございません。申し訳ございませんが、サポート技術情報のご確認、Sophos Community (英語) をご利用くださいますようお願い申し上げます。

機能

高い性能と安全性
ソフォスのマルウェア検索エンジンは、ウイルス、トロイの木馬、およびその他のマルウェアを効果的に検出。高度なヒューリスティック分析に基づく洗練された検出機能に加え、Sophos Antivirus for Linux の Live Protection 機能が、SophosLabs の解析データをリアルタイムに参照し、疑わしいファイルを検出します。

Sophos Antivirus for Linux は、Windows、Mac、Android 向けのマルウェアも検出・ブロックするため、Linux マシンによるウイルスの媒介を防止できます。

オンアクセス / オンデマンド / スケジュールスキャンでマルウェアを検出・ブロック
Sophos Antivirus for Linux は、TALPA Filesystem Interceptor や Fanotify ライブラリを駆使し、効率的なオンアクセスキャンを実現。オンデマンドスキャンやスケジュールスキャン機能も装備しています。スキャンはローカルドライブやネットワークドライブに対して設定できます。

低負荷で高パフォーマンスを実現
Sophos Antivirus for Linux では自動調整により常に最適なパフォーマンスを実現。軽快に動作するエージェントが、Linux マシンのパフォーマンスを低下させずに業務環境を安全に保ちます。更新ファイルの容量は約 50 KB 以下と小さく、ネットワークや Linux マシンに負荷がかかりません。

ディレクトリ、ファイル名、ワイルドカード文字などを指定してスキャンの除外対象を設定し、パフォーマンスの最適化を図ることもできます。

幅広いプラットフォームに対応
Sophos Antivirus for Linux は、64-bit を含むさまざまな Linux ディストリビューションとカーネルでプリコンパイルされた製品として提供されます。

カスタマイズした Linux ディストリビューションでも問題ありません。Sophos Antivirus for Linux は、カスタマイズした Linux ディストリビューションやカーネルにも対応しています。

無償提供
Sophos Antivirus for Linux free edition は個人向けに完全無料の製品です。24時間 365日対応のサポートやクラウドベース* またはオンプレミスによる集中管理機能を利用できる有償版にアップグレードすることも可能です。