次世代型の保護機能

ソフォスは、新しいアプローチで保護対策に取り組んでいます。Sophos Endpoint は、ほとんどすべての脆弱性で使用される手法や動作を識別・阻止することで、マルウェアや感染をブロックします。

マルウェア定義ファイルに依存することなくマルウェアを検出。ゼロデイ脅威も、デバイスのパフォーマンスに影響を与えることなく検出できます。保護対策は、脆弱性がシステムに到達する以前に既に整っています。

各種の脅威手法や動作を関連付けて解析することで、Sophos Endpoint は、Web やアプリケーションの攻撃、危険な URL、不要と思われるアプリ、悪意のあるコードなどが、エンドポイントに近づくことがないようにブロックします。

マルウェアの正体を解明

Sophos Endpoint はデバイスに保護を提供する一方、ファイアウォールと連係して、感染したデバイスを検出・隔離します。Synchronized Security が提供するネットワーク情報は、背景情報として活用されます。

動作解析

疑わしい動作を検知。従来型のソリューションでは検出が難しいマルウェアも検出します。

Malicious Traffic Detection (MTD)

すべての HTTP トラフィックを事前にフィルタリングして、疑わしいトラフィックや、悪質なトラフィックを送信しているプロセスのファイルパスを追跡します。

統合されたエンドポイントとネットワーク

エンドポイントとネットワーク間では即座かつ自動的に通信が行われ、ファイアウォールによって検出された脅威について、感染の恐れのあるエンドポイントに警告。Endpoint Protection エージェントはその情報をただちに活用して、脅威の元となるプロセスを検出します。

既存のセキュリティソリューションを補完

既存のセキュリティソリューションで検出されなかったマルウェアや攻撃への対策を強化。Sophos Clean で追加のスキャンを行い、検出漏れを回避できます。

Sophos Clean

マルウェアの除去

検出したマルウェアを自動削除したり、被害の拡大を防止するために感染デバイスを隔離したりできます。

徹底的なコントロール

エンドポイントのマルウェア対策エージェントと管理コンソールのシームレスな連携により、Web、アプリケーション、デバイス、データを制御するポリシーが簡単に適用できます。

  • Web コントロール: カテゴリベースの Web フィルタリングを、社内外を問わず従業員がどこにいても強制的に適用できます。
  • アプリケーションコントロール: カテゴリやアプリケーション名で簡単にアプリケーションをブロック
  • デバイスコントロール: リムーバブルメディアやモバイルデバイスへのアクセスを管理
  • データコントロール: あらかじめ定義されたルールやカスタムルールを使用したデータ流出防止 (DLP)

シンプルかつ洗練された機能

Sophos Endpoint Protection には、きわめて洗練された機能を持つシンプルで直感的なユーザーインターフェースが搭載されています。

  • クラウド版またはオンプレミス版をすばやく簡単に導入
  • 保護機能、操作性、およびパフォーマンスを最適なバランスで提供するデフォルトポリシー
  • 他社製エンドポイント セキュリティ製品を自動削除
  • SophosLabs の最新保護データを活用して、HIPS、デバイスコントロールなどの高度な機能を簡単に設定

柔軟なライセンス体系と導入形態

どちらの導入形態もパフォーマンスに優れ、デバイス単位ではなくユーザー単位のライセンスを採用しています。

Sophos Central

クラウドベースの Sophos Central では、統合 Web ベースの管理コンソールでポリシーを一元管理し、ユーザーがどこにいてもポリシーが適用されます。

オンプレミス

オンプレミス型の管理プラットフォームでは、ロールベース管理や SQL ベースのレポートインターフェースで、詳細な設定が可能です。

今日からスタート