Stop the Parasites on Your Network

不要なアプリを特定してブロック

従来型のアプリ制御はうまく機能していません。次世代型ファイアウォールの大半は、ネットワークトラフィック全体の半分近くを識別することができないため、不要なアプリケーションは、識別・検出されずに稼働できます。このようなアプリは、リソースに負担をかけたり、正規の業務のスピードを低下させたりするだけでなく、セキュリティリスクやコンプライアンスリスクも引き起こします。

このホワイトペーパーでは、以下について説明します。

  • 不要と思われるアプリの一般的な種類、およびそのリスク
  • 次世代型ファイアウォールで識別できない理由
  • 可視性の問題に対するソフォスの解決方法
入力欄に表示される情報について簡単にデータを入力できるように、会社名の入力欄にはオートコンプリート機能が設定されています。入力欄に表示される情報は一般に公開されている情報です。非公開企業のデータは表示されません。会社名を入力する手間を省くためのものです。