購入方法

導入方法の選択

導入方法に関わらず、あらゆる場所に拡張できる高度な保護、優れたパフォーマンス、豊富なレポート機能、詳細な制御が提供され、購入 / 管理も簡単です。

Sophos Web Appliance (ハードウェア/仮想) - 日本では未販売

中小企業にも大企業にも最適な、多種の軽快なハードウェアアプライアンスから選択できます。または、仮想インフラへの導入が簡単で、ユーザー数に応じて適切なプロファイルを選択できる、VMware 対応の仮想アプライアンスを選択してください。共に、ウィザードを使用して簡単に設定可能で、リモート監視と自動アップデート機能を提供する、独自のマネージドアプライアンス サービスを活用することもできます。

ハードウェアアプライアンスの各機種の詳細、サイジングガイドについては、各機種の比較ページを参照するか、データシートをダウンロードしてください。

保護と管理の拡張

社外ユーザーの保護

ローカルネットワークに提供する Web アプライアンスポリシーと保護を社外の Windows ユーザーにも拡張する場合は、Sophos Endpoint Protection を強く推奨します。.Sophos Web Appliance と連動して、社外のユーザーに対して、ハイブリッド型でポリシーを施行できます。

社外のユーザーに対しては、Sophos Endpoint Protection によってプロキシスキャンが実行されます。またポリシーを施行することで、ユーザーがどこにいてもポリシーに準拠しているようにします。また、動作内容のデータを自動的に Sophos Web Applicance に転送し、リアルタイムのレポートを提供します。複雑な問題を画期的な方法で解決するソリューションです。各製品を組み合わせて、低価格で経済的に購入するには、Enduser Protection バンドルをご覧ください。

または、Sophos Cloud を Sophos Web Appliance に追加して、Windows、Mac、iOS、Android 環境の社外ユーザーに対してハイブリッド型でポリシーを施行してください。

集中管理機能

複数の Sophos Web Appliance がある場合は、Sophos Management Appliance を使って一括管理して、ネットワーク全体に対して、ポリシーの複製やレポートの集計をシームレスに実行できます。これによって、大規模な分散型ネットワークにおける、Web セキュリティの管理とポリシーの施行が簡単になります。

Sophos Management Appliance には次の 2種類があります。SM2000 は、ユーザー数 2,000人までの企業に適しており、SM5000 は、ユーザー数 1万5,000人までの企業に適しています。ソフォスのハードウェアの比較表はこちらをご覧ください。