ランサムウェアを阻止するためのファイアウォールのベストプラクティス

次世代型ファイアウォールはランサムウェアに特化して設計されていますが、適切に機能するように設定・運用する必要があります。ランサムウェア攻撃は、攻撃の対象を絞り、カスタマイズ化され、ステルス性をもつ傾向にあり、組織とそのネットワークに大きな損害を与える可能性があるため、ファイアウォールを最大限に活用するためにベストプラクティスを適用することが重要です。

このホワイトペーパーでは、最新のランサムウェア攻撃の仕組みと阻止方法、および最適な保護を提供するためのファイアウォールとネットワークのベストプラクティスについて説明します。

ホワイトペーパーのダウンロード

ランサムウェアのコスト

ランサムウェアが発生すると、世界中の企業に莫大なコストがかかります。復旧コストは、ダウンタイム、復旧作業に費やす時間、生産性の損失、デバイスのコスト、機会損失、そしてもちろん身代金の支払いなど、短期間で積み重なります。

 

ランサムウェアによる被害コスト

画像
us-flag


US $852,000

画像
uk-flag


£564,000

画像
au-flag


AU$ $803,875

ランサムウェアは新しいものではありませんが、進化しました。サイバー犯罪者は、攻撃から最大限の効果を得るために、テクノロジーの発展を活用して、ランサムウェアを巧妙に開発しています。多くの場合、破壊的な戦術を使用して被害者を攻撃します。

ホワイトペーパーのダウンロード

画像
firewall-best-practices

今日のファイアウォールのベストプラクティスで、明日のランサムウェアを阻止

ランサムウェアは、常に進化し続けています。明日のランサムウェアの脅威に対応し、それに先手を打つためには、適応性の高い戦略が必要です。このホワイトペーパーは、まだ出現していないランサムウェア攻撃に対してもファイアウォールの将来性を確保し、次のような、今日の最大の脅威をブロックする方法について説明します。

画像
icon-public-cloud-ransomware


パブリッククラウド対象のランサムウェア

画像
icon-service-provider-attacks


サービスプロバイダ対象の攻撃

画像
Encryption Free Attacks


暗号化なしの攻撃

ランサムウェア攻撃にさらされる可能性を最小限に抑制

ランサムウェアがネットワークに影響を与えることをできる限り困難にするために、次のようなファイアウォールのベストプラクティスを実行してください。

  • 攻撃チェーン全体を破壊することの可能な脅威対策
  • ギャップを埋める強力なセキュリティプラクティス
  • 人的ミスを防止するための継続的な従業員教育

ファイアウォールのベストプラクティスに関するホワイトペーパーのダウンロード

入力欄に表示される情報について簡単にデータを入力できるように、会社名の入力欄にはオートコンプリート機能が設定されています。入力欄に表示される情報は一般に公開されている情報です。非公開企業のデータは表示されません。会社名を入力する手間を省くためのものです。