Sophos Email Security

AI (人工知能) を活用したクラウドベースの予測型メールセキュリティ

無償評価価格のお問い合せ

人工知能を活用したスマートなメールセキュリティ対策

今日のメール脅威は移り変わりが激しく、成長するビジネスは、予測的保護テクノロジーを装備したメールセキュリティ対策を必要としています。既知の脅威だけでなく、未知の脅威に対する対策も不可欠です。

AI で未知の脅威に対応

アワード受賞製品「Sophos Intercept X」と同じテクノロジーを搭載した Sophos Email のサンドボックス機能が、ディープラーニング型ニューラルネットワークを用いて、ゼロデイのマルウェアや不要なアプリケーションをブロックします。

ランサムウェア対策

業界でもっとも高度なランサムウェア対策テクノロジーを搭載しており、動作解析を用いて未知のランサムウェアやマスターブートレコードに対する攻撃を阻止します。

ステルス攻撃のブロック

「クリック時の URL 保護」は、メールの配信前と、さらにメール内のリンクがクリックされた際に、URL のレピュテーションをチェックすることにより、ステルス性を持ち、遅れて実行される攻撃をブロックします。

ランサムウェアと標的型脅威を撃退する

画像
Smarter email security with AI
画像
Computer phishing hook

なりすましメールをブロック

Sophos Email を使うことで、受信トレイを再び信頼できるようになります。なりすましメールを簡単にブロックし、信頼できるメールアドレスに見せかけた偽装アドレスを使った攻撃から従業員を保護します。

  • SPF、DKIM、DMARC 認証方式、メールヘッダーの異常解析機能、表示名や類似したドメイン名の分析の組み合わせを使用
  • 受信メールの表示名、よく悪用される企業ブランド名の表示名、および組織内の VIP 比較して、一致するかを確認
  • 疑わしいメッセージは、ブロック、隔離、件名欄に警告のタグ付けされたり、直接リンク付きのバナーがユーザーレベルのブロックリストに追加

スパム対策およびマルウェア対策

Sophos Email は、一日に数百万通ものメールを処理する SophosLabs のグローバルネットワークから提供される脅威インテリジェンスを活用することにより、1時間に数千個も発見される新たな脅威を漏らさず検出します。

  • IP レピュテーション フィルタリングで、90% のスパムをゲートウェイでブロック
  • スパム対策およびマルウェア対策エンジンで残りを検出
  • 複数の言語に対応した高度な検出方法でメールをフィルタリング

詳細はこちら

画像
Email
画像
Sophos Central Wheel

より速くサイバー脅威に対応

Sophos Email は、すべてのソフォス製品を一元管理する、直感的なクラウドべースのコンソール「Sophos Central」に統合されています。

メール由来の脅威に対する多層防御を設定・管理し、脅威への対応を迅速化できるのは、Sophos Central だけです。メールのセキュリティ対策や、サイバーセキュリティ意識向上トレーニング、さらには次世代型エンドポイント保護など、すべての製品をモバイル向けに最適化されたポータルから管理することができます。

無償評価  価格のお問合せ

連携型メールセキュリティ

Sophos Synchronized Security は、Sophos Email を Sophos Central で統合管理する以上のメリットを生み出します。メールセキュリティ製品を他のソフォスのセキュリティ製品と連携させるという斬新な方法によって、組織内のリスクを積極的に見つけ出して対応することが可能になります。

感染したメールボックスの検出

企業のドメインがスパムやフィッシングメールの送信に利用されると、メール送信者としてのレピュテーションが低下したり、企業の信用に傷が付く恐れがあります。こうした悪用には兆候がありますが、忙しい従業員はなかなか気が付かず、脅威を見逃してしまうことがあります。

Synchronized Security は、Sophos Email と Sophos Endpoint を連携させ、スパムやマルウェアを送信する感染コンピュータを自動的に検出・クリーンアップし、こうした問題を防ぎます。

高度なサイバーセキュリティ意識向上トレーニング

サイバーセキュリティ意識向上トレーニングは、セキュリティ戦略における重要な要素の 1つですが、トレーニング対象者の全従業員のなかから、特にリスクが高い行動を示す従業員をどのように特定できるのでしょうか。

Sophos Synchronized Security は、Sophos Email と Phish Threat を連携させることにより、リスクが高い Web サイトにアクセスしようとして警告、ブロックされた従業員を特定します。そうした従業員をフィッシング攻撃シミュレーションとトレーニングに登録して、セキュリティ意識の向上を図り、攻撃のリスクを削減できます。

データ流出防止

Sophos Email によるデータ流出防止とコンテンツコントロールにより、ポリシーベースのメール暗号化を使用して高度なデータ侵害保護を提供します。

  • メールや添付ファイルにある、財務情報、機密コンテンツ、健康情報、個人識別情報などを検出して、機密情報を保護
  • ソフォス コンテンツ コントロール リストを使用してカスタム CCL を作成するか、特定の CCL 用に事前設定済みのテンプレートをカスタマイズ
  • シームレスな暗号化の統合でグループや個人ユーザーに複数のルールポリシーなどのデータ侵害保護ポリシーをきめ細やかに制御
  • 単一のコンソールの使用で、貴重な時間を節約し、メールのデータ流出防止と次世代型エンドポイント保護を管理

メール暗号化

機密データを保護し、コンプライアンスを容易にします。Sophos Email は、メッセージ本文と添付ファイルにある機密データを自動的にスキャンします。これにより、メッセージをブロックまたは暗号化にするポリシーをわずか数クリックで簡単に設定します。また、ソフォスのアドインの O365 を使用するとメールの暗号化をユーザーに許可することもできます。

  • TLS 暗号化の適用により、メッセージが転送中の際の盗聴を防止
  • プッシュ型メール暗号化機能が、メール全体または添付ファイルのみを保護
  • アドインの O365 ボタンを使うか、またはメールの件名に企業独自のカスタムタグ (「Secure: ***」など) を追加するだけで、メールをすばやく暗号化して送信
  • Sophos Secure Message のポータルから、安全に返信することが可能 (添付メールも保護されます)

単一の管理コンソールから、お客様のメールをスパム、フィッシング攻撃、さらに高度な脅威から保護でき、高い評価をいただいています。

お客様は、シンプルで統合されたセキュリティ情報管理ソリューションを求めています。メールセキュリティを暗号化、モバイルデバイス保護、およびエンドポイント保護とともに、単一のコンソールから管理できることが高い評価を受けている理由です。

Jan-Willem Smit、ACES Direct

Office 365 セキュリティ対策

Microsoft Office 365 のセキュリティ機能は、しばしば期待外れであることがあります。優れたコラボレーションには、優れたセキュリティが必要で、Sophos Email はシンプルなソリューションを提供します。

  • 1つのライセンスで、Office 365 をスパム、フィッシング、高度な脅威から保護
  • メールのスキャンとサンドボックス解析の場所を選択して、コンプライアンスを実現
  • 使いやすい単一の管理コンソール

あらゆるビジネス メール サービスに対応

ドメインと DNS レコードが制御可能なあらゆるメールサービスを保護できます。Microsoft Office 365 や、Google G Suite、オンプレミス型 Exchange 2003 以降をはじめとする多数のメールプロバイダとシームレスに統合するのも大きな特徴です。そして何よりも自由に制御が可能で、ドメイン、グループ、ユーザーレベルのポリシーをわずか数分でセットアップできます。

今すぐ評価する

無償評価価格のお問い合せ