ランサムウェアの現状 2022年版

攻撃、暗号化データ、身代金に関する最新の動向を把握

今年の年次報告書では、ランサムウェア攻撃が過去 12か月でどのように進化してきたかを明らかにしています。現在の攻撃率、データが暗号化される頻度、復元可能なデータ量などを確認することができます。さらに、世界中の中規模組織の身代金支払いにおける変化を明らかにしています。

今すぐレポートを入手インフォグラフィックを参照

世界中の 5,600人の IT 専門家が経験したランサムウェアとの比較

31か国から 5,600人の IT 専門家が今年のレポートに回答し、ランサムウェア攻撃の影響とコストについての新たな見解を説明しています。また、サイバー保険を確保することがこの 1年でどのように変化してきたか、ランサムウェア攻撃が発生した場合に保険会社が保険金を支払う頻度についても明らかにしています。

このレポートでは、以下について説明します。

  • ランサムウェア攻撃の割合がこの 1年でどのように変化したか
  • 暗号化されたデータを復元するために使用されるさまざまな方法
  • 中規模組織における過去 1年間の身代金支払い平均額
  • ランサムウェア攻撃による組織への幅広い影響
  • サイバー保険会社が身代金を支払う頻度

 

    ランサムウェアの現状 2022 年版で取り上げられているトピックの一部:

    ランサムウェアの広がり

    前年と比較して、どれぐらいの組織が被害を受けたか。

    国ごとのランサムウェアの割合

    調査対象 31か国の個別の調査結果を入手。

    業界ごとによって異なる経験

    ランサムウェアの攻撃が最も多い業界について学ぶ。

    ランサムウェアのコスト

    身代金の支払いと全体的な復旧コストどのように変化したかを把握。

    サイバー保険の役割

    カバレッジを持つ組織、支払いの頻度を把握。

    ランサムウェアによる被害

    攻撃がもたらすビジネスへの影響を調査。

    引き続きアプローチを進化させるランサムウェアの攻撃者

    最新の動向と組織を守るための実践的なヒントを紹介します。

    レポートを読むインフォグラフィックを参照