安全なメール環境を実現

標的型脅威やスピアフィッシングによる攻撃も透過的なメールフィルタリングによって阻止されます。

クラウド管理型ソリューションをお探しの場合は
Sophos Email をご利用ください

製品の概要

スクリーンショット

Secure Email Gateway

関連資料

高度な保護

個人情報の窃取、パスワードと銀行口座情報の窃取などの最新の攻撃からユーザーを保護します。疑わしいコンテンツ、添付ファイル、URL を含むすべてのメールを阻止してユーザーの生産性を向上させます。

ソフォスでは、最新の脅威を検出するために、リアルタイムで常時アップデートされる、最新のウイルス対策・フィッシング攻撃検出エンジンを採用しています。MIME タイプや拡張子に基づいて不要なコンテンツをブロックできるのも大きな特長です。

Sophos Sandstorm

Sophos Sandstorm は、ランサムウェアや標的型攻撃からの防御機能のほか、一目でわかるセキュリティステータス、解析機能を提供して、従来のセキュリティソリューションを拡張します。クラウドベースの強力な次世代型サンドボックステクノロジーを駆使し、従来のソリューションでは阻止しきれない脅威をすばやく確実に検出・ブロック・対応することで、Sophos Email Appliance による保護を強化します。

Sophos Sandstorm データシート
Sophos Sandstorm ホワイトペーパー

クリック時に実行される保護機能

クリック時に即座に実行される保護機能によって、悪意のあるメールに含まれる URL をブロックして、ステルス性を持ち遅れて実行されるような標的型のフィッシング攻撃を阻止します。すべての URL、すべてのメールが安全に保護されます。どのデバイス上であっても、メール内のリンクがクリックされた場合には、クラウドでホスティングされた Sophos SXL データベースに対してリンク先のサイトのレビューテーションがリアルタイムで確認されます。クライアントソフトウェアが不要で、ユーザーへの負荷を減らし迅速に導入できます。

Sophos Email Appliance データシート

効果的なスパム対策

受信トレイへのスパム侵入やフィッシング攻撃を阻止します。

  • レピュテーション フィルタリングで、スパムがネットワークに入る前にゲートウェイで 90% のスパムをブロック
  • 最新のフィッシング攻撃など、その他の脅威はスパム対策エンジンで阻止
  • さまざまな検出方法で多数の言語の受信メールをフィルタリング

透過的な DLP と暗号化

自動的または透過的に機密情報を含むメールを暗号化してデジタル署名を行います。高性能データ流出防止 (DLP)、およびポリシーベースの暗号化で、故意や誤操作によるデータ流出を阻止し、コンプライアンスに簡単に対応できるようにします。

メッセージ本文と添付ファイルに対して、機密データのスキャンが自動的に行われ、そのようなメールをポリシーでブロック / 暗号化することを、わずか数クリックで設定できます。また、ソフォスの Outlook 用のプラグインをインストールするとメールの暗号化をユーザーに許可することもできます。

最大の強みは、特許出願中のソフォス独自の SPX Encryption を使用すると、オンライン、オフライン、デスクトップ PC やモバイルデバイスなど場所を問わず、利用中のメールクライアントでユーザー自身が暗号化メールを管理できることです。SPX メール暗号化は、ユーザーや管理者にとって非常に使いやすくなりました。

SPX Encryption に関する詳細
DLP に関する詳細

シンプルな管理

ソフォスでは、シンプルさを常に追求にしています。すべてのセキュリティ機能は 1つの場所から簡単に制御できます。

また、インターフェースの合理化を積極的に行ってきました。ポリシーのアップデートや設定の変更が必要な度にマニュアルを参照する必要はありません。数回のクリックで必要なタスクを完了できます。

包括的なレポート機能

ビルトインのレポート機能でユーザーの状況を正確に把握できます。この情報をもとに迅速に問題を解決、ポリシーを変更でき、ユーザーのセキュリティを確保しつつ、ネットワークパフォーマンスを向上させます。また、詳細なレポートが標準でローカルに作成されるので、個別のツールが必要ありません。

事前設定されたカスタマイズ可能なレポートは分かりやすいグラフ形式で表示されて、主な Web アクティビティや使用状況の傾向を示します。レポートの匿名化によってユーザー名が隠されますが、ユーザー名を表示するには、複数の人間の同意が必要になります。