コンプライアンスコストと複雑を軽減

Sophos Cloud Optix は、SOC2、GDPR、PCI などの業界標準へのコンプライアンスに伴うコストと複雑さを軽減します。継続的な評価を実行したり、社内プロセスや規制とシームレスに統合する連携ツールを入手してください。

継続的な評価

Sophos Cloud Optix で他のプロジェクトからリソースを流用することなく、コンプライアンスやセキュリティのベストプラクティス標準に合わせてクラウド構成設定を自動的に分析します。

監査準備の整ったレポート

FFIEC、 GDPR、 HIPAA、 PCI DSS、 SOC2 などの規格に対応するカスタムテンプレートや事前設定済みテンプレートおよび監査準備の整ったレポートを使用して、コンプライアンス状態を常に監視します。

監査コストの削減

Cloud Optix を使用すると、クラウドアカウント内にあるどのインベントリ項目が特定のコンプライアンス基準の対象となるかが定義されるので、コンプライアンス監査にかかる時間を短縮できます。

既存のツールを使用

RSA Archer や MetricStream などの既存の包括的なコンプライアンスツールから Cloud Optix にコントロール ID をマッピングすることで、数週間の作業を削減できます。

Cloud Optix で準拠を維持

Jira や ServiceNow などのコラボレーションツールやチケット作成ツールで、統合されたアラート管理を通じて日常のプロセスにコンプライアンスを組み込みます。

Shutterfly

SOC2 やその他の規制に対し、コンプライアンスの手作業での取り組み、評価、監視を削減します。

Shutterfly Inc. の副社長兼 CISO である Aaron Peck 氏はこの件について語っています。

Shutterfly の事例を読む