購入方法

Cloud Optix を使用して AWS、Azure、GoogleCloud 全体のクラウドセキュリティを管理します。Cloud Optix は、AWS Marketplace から購入、または信頼できるパートナーやサービスプロバイダーを通じて SophosCentral のクラウドセキュリティプラットフォームにある統合ソリューションとして購入できます。

クラウド環境を保護するために Cloud Optix をどのように導入しますか?

AWS Marketplace から開始

AWS Marketplace にある Cloud Optix Advanced で AWS、 Azure、 Google Cloud を保護

  • フレキシブルな従量課金制の価格体系
  • セキュリティおよびコンプライアンスの状態を管理
  • クラウドのアセットのインベントリ
  • ガードレールの設定
  • 過剰な権限を付与された IAM ロールの検出
  • コンテナイメージおよび IAC テンプレートスキャン
  • 消費の最適化

Sophos Central で管理

完全なクラウドセキュリティプラットフォーム内で Cloud Optix Advanced のすべての機能を提供

  • 年間料金での支払い
  • セキュリティおよびコンプライアンスの状態を管理
  • クラウドのアセットのインベントリ
  • ガードレールの設定
  • 過剰な権限を付与された IAM ロールの検出
  • コンテナイメージおよび IAC テンプレートスキャン
  • 消費の最適化
  • 包括的なセキュリティサービスを同時管理

ワークロード保護とEDR を追加

Cloud Optix Standard のコア CSPM 機能と Intercept X Advanced for Server の組み合わせ

  • 年間料金での支払い
  • セキュリティ状態の管理
  • クラウドのアセットのインベントリ
  • ガードレールの設定
  • VM のマルウェア、エクスプロイト対策、およびファイルレス攻撃からの保護
  • Endpoint Detection and Response (EDR)
  • 包括的なセキュリティサービスを同時管理

AWS Marketplace で 25 個のクラウドアセットを無料で監視

ソフォスは、AWS Marketplace のお客様に、最大 25個のクラウドアセットをオプションで無料枠で使用を提供しています。有効にするには、Cloud Optix AWS Marketplace のリストからサインアップし、Cloud Optix のアカウントにログインをしたら、画面の右上隅から無料利用枠を有効にしてください(以下参照)。有効にすると、この使用量の制限を超えた場合のみ課金されます。

画像
Cloud optix assets screenshot

技術仕様の詳細  こちらをご覧ください

Cloud Optix カウント方法 クラウドアセット

AWS Marketplace での従量課金制の利点

AWS Marketplace から直接 Cloud Optix アカウントを作成し、 AWS、Azure、Google Cloud のクラウド環境を管理します。1 アセット、1 時間当たりの従量課金制の価格設定は、すでに実施されている AWS 支出のコミットメント (EDP) に反映しながら、最大限の柔軟性を提供します。

まずは 25 アセットを無料で今すぐ購入

Sophos Central で Cloud Optix を使用

デジタルトランスフォーメーションを可能にする単一の直感的なセキュリティ管理プラットフォーム。Sophos Central は、ファイアウォール、ワークロード保護、SaaS型メールセキュリティを備えており、エンドポイントやモバイルデバイスの保護を拡張して、クラウドサービスへの安全なアクセスを維持します。

Sophos Central で無償評価版をスタート