~札幌テレビ放送株式会社~

11月 29, 2023 —

Cybersecurity-as-a-serviceを開発・提供するグローバルリーダー企業の英国ソフォス(日本法人:ソフォス株式会社 東京都港区代表取締役中西智行)は本日、札幌テレビ放送株式会社(本社:札幌市中央区、代表取締役社長:井上健、略称:STV)が刻々と変化するサイバー脅威から防御し、リスクを管理するためのより強固で安心できるセキュリティ環境を整えるべく、Sophos Intercept X with Extended Detection and Response(XDR)と24時間365日間対応のSophos Managed Detection and Response(MDR)フルマネージド・セキュリティ・サービスを導入したことを発表しました。

  • 背景と課題

STVは、2022年5月まで、シグネチャーベースのアンチウイルスを業務で利用するPCやサーバに導入し、オンプレミスで運用していたため、ソフトウェアのバージョンアップなどが定期的に発生し、運用上の負担となっていました。その一方で、2020年からランサムウェアを中心としたサイバー攻撃による被害も数多く報道されていたため、STVのシステム担当者は旧世代のアンチウイルス対策で果たして防御できるのか疑問に感じていました。

STVは進化し続けるサイバー脅威に対応できるより先進的で強固なセキュリティ環境を整えるべく、次世代アンチウイルス性能と強力なEDRおよびXDR機能を備えたエンドポイント・セキュリティ製品の導入を2021年より検討開始し、同社のITパートナー企業であるリコージャパン株式会社と共に複数の候補製品を比較検証した結果、強力なEDRおよびXDR機能を備えた次世代型エンドポイント・セキュリティ・ソフトウェアであるSophos Intercept X Advanced with XDRの採用を決定し、2022年5月よりその運用を開始しました。ソフォスは、Sophos Intercept X Advanced with XDRと連動し、多くのサードパーティー・セキュリティツールとも統合している24時間365日間対応のフルマネージドMDRサービスも提供しています。

その後、増大するサイバー脅威とリスク管理に伴う負担が増えるセキュリティ運用管理はプロの手に委ねた方が良いという会社上層部の経営判断の下、Sophos MDR Essentialsも導入することとなりました。

  • 導入後の効果

Sophos Intercept X Advanced with XDR導入後、アラート検出精度は以前使用していた旧世代のアンチウイルスソフトと比べて2倍以上向上しました。また、管理機能がクラウド化されていることで、システム管理者はサーバーのセキュリティおよび運用要件から解放されるようになり、重要度の高いアラートに対する調査結果がフィードバックされるため、安心して他の業務に集中できるようになりました。

STVの導入事例の詳細は、https://www.sophos.com/ja-jp/company/case-studiesからご覧ください。

  • Sophos Intercept X Advanced with XDRについて

Sophos Intercept X Advanced with XDRは、強力なエンドポイント検知・対応と業界トップクラスのエンドポイント保護を統合しています。ITセキュリティ運用ならびに脅威ハンティング用に開発されたIntercept Xは、AIによる分析で疑わしい振る舞いを検出・調査します。他のツールとは異なり、見つけるのが困難な優秀なアナリストのスキルを複製することで、人員を増やすことなく専門知識を増やすことができます。Sophos Intercept Xの詳細は、 https://www.sophos.com/ja-jp/products/endpoint-antivirus.aspxをご覧ください。

  • Sophos MDR(Managed Detection and Response)について

高度なサイバー攻撃からお客様のコンピュータ、サーバー、ネットワーク、クラウドワークロード、メールアカウントなどを保護するために、ソフォスの専門家が 24時間年中無休で提供するフルマネージド型セキュリティ・サービスです。Sophos MDR Essentialsは、インシデント対応を組織内で管理するために、既にセキュリティチームの設立に投資した組織を対象としたコストパフォーマンスに優れたセキュリティ・サービスです。詳細情報は、https://www.sophos.com/ja-jp/content/mdr-security-services をご覧ください。

札幌テレビ放送株式会社(STV)について

STVは、1958年に創立した北海道を放送対象地域とする日本テレビ系列の放送局です。札幌市に本社を置いており、夕方の情報番組「どさんこワイド179」は、再放送枠であった夕方帯に、ニュースや地域情報を発信する情報番組として全国に先駆けて放送を開始し、北海道の看板番組として定着しました。また、インターネットを通じて番組を視聴できるオンデマンドサービス「どさんこ動画+」も提供しています。詳細はSTVのウェブサイト(https://www.stv.jp)をご覧ください。

ソフォスについて

ソフォスは、次世代型サイバーセキュリティにおいて世界をリードする企業として世界 150ヶ国以上、50万社を超える組織と数百万のコンシューマ消費者を今日の高度なサイバー脅威から保護します。ソフォスは、SophosLabs と Sophos AI からの脅威インテリジェンス機能、AI、機械学習を活用して、ユーザー、ネットワーク、エンドポイントをランサムウェア、マルウェア、エクスプロイト、フィッシング、その他さまざまなサイバー攻撃から保護するために高度な製品やサービスの幅広いポートフォリオを提供します。ソフォスは、単一の統合されたクラウドベース管理コンソールである Sophos Central を提供します。これは、適応型サイバーセキュリティエコシステムの中心的存在であり、お客様、パートナー、開発者、その他のサイバーセキュリティベンダーが利用できる豊富なオープン API のセットを活用した一元化されたデータレイクを備えています。ソフォスは、リセラーパートナー、MSP (マネージド サービス プロバイダ) を通じてソフォス製品とサービスを販売しています。ソフォス本社は英国オックスフォードにあります。詳細については www.sophos.com をご覧ください。