4月 18, 2023 —

Cybersecurity-as-a-Serviceを開発・提供するグローバルリーダー企業のソフォス(日本法人:ソフォス株式会社(東京都港区 代表取締役 中西 智行)は本日、G2 Grid®レポート(G2 Spring 2023 Report)におけるMDR(Managed Detection and Response)XDR(Extended Detection and Response)プラットフォームEDR(Endpoint Detection and Response)エンドポイントプロテクションスイート、およびファイアウォールソフトウェアのすべてのカテゴリでリーダーに選ばれたベンダーとなったことを発表しました。これらのカテゴリには、エンタープライズ企業、中堅企業、小規模企業の各セグメントが含まれ、順位は認証済みのカスタマーレビューに基づきます。

ソフォスの製品担当シニアバイスプレジデントであるRaja Patelは、こちらのサイトで、次のように述べています。「攻撃者のスキルが高度化しており、攻撃の検出が困難になる中で、あらゆる規模の組織は、環境全体に対応する多層防御戦略を実施して、攻撃チェーンの全段階で保護、検出、対応を行わなければなりません。この多層防御のアプローチには、エンドポイントセキュリティ、ネットワークセキュリティ、メールセキュリティ、クラウドセキュリティが含まれ、セキュリティの専門家による脅威ハンティングと修復サービスを追加して補強しなければなりません。攻撃の手法が非常に高度になっているため、安全を確保するためには幅広い範囲に対応する多様なソリューションが必要です。ITおよびセキュリティの専門家が、これらの主要なカテゴリにおいてソフォスをリーダーとして評価していることは、ソフォスが現在のサイバーセキュリティ戦略で求められる最高水準の製品とサービスを総合的に提供していることを裏付けています」 
 

顧客の評価の抜粋

  • 「Sophos MDRは、脅威ハンティングを新たな水準に引き上げます。自動および手動の脅威ハンティングを組み合わせ、脅威が監視を潜り抜けることがないようにし、悪影響を及ぼす前に無力化します」 大規模企業のITマネージャー
  • 「24時間365日稼働するSophos MDRのRapid Responseチームがいなければ、同時に発生したすべての問題に対処することはできなかったかもしれません。ソフォスの監視チームは優先して対応すべき脅威、最も重大なリスク、解決すべき問題を示してくれました。このチームは24時間体制で当社のインフラを保護し、ITチームが必要な休憩を取れるように支援してくれました。」 中堅企業のEDI管理者
  • 「Sophos MDRは、24時間365日専門のセキュリティチームによって自社の環境が監視され守られているという安心感をもたらします。自社のIT部門の能力を強化する上で非常に有用です。」 エンタープライズ企業の顧客
  • 「Sophos Intercept Xは、非常にユーザーフレンドリーでありながら、強力なエンドポイントソリューションです。セキュリティ対応の能力を向上し、環境の変化に応じて変更できる柔軟性も兼ね備えています。特筆すべきなのはその使いやすさであり、特にリモートからのセットアップやさまざまな場所にいるクライアントのサポートにおいて優れた効果を発揮します」 中堅企業のIT運用マネージャー
  • 「Sophos Firewallは、堅牢なセキュリティソリューションであり、高度な脅威への対策、容易な管理、ネットワークトラフィックの詳細な制御を実現します。これらの機能は、ネットワークの保護、ネットワークパフォーマンスの向上、サイバー攻撃の防止を可能にし、あらゆる規模の企業にとって理想的な選択肢となるでしょう」 エンタープライズ企業のネットワーク管理者
  • 「ソフォスは、あらゆる製品を一元的に管理できる統合型のコンソールを提供しています。ハードウェアスタックとソフトウェアの両方をこのコンソールで管理できるため、多くの他社製品と比較して、日々の管理とレポート作成が大幅に容易になっています」 中堅企業のITシステム管理者

 

ソフォス・ポートフォリオの概要

ソフォスのマネージドセキュリティサービスとソリューションの強力なポートフォリオには、Sophos MDRSophos Intercept XSophos XDR、およびSophos Firewallが含まれています。これらの製品は、リアルタイムの脅威インテリジェンスを共有し、迅速でコンテキストに合わせて連携しながら保護、検出、対応を実現するソフォスの適応型サイバーセキュリティエコシステムの一部となっています。また、これらの製品は、SophosLabs、Sophos SecOps、SophosAIに所属する500名以上のセキュリティ専門家からなる部門横断的なタスクフォースであるSophos X-Ops脅威インテリジェンスのサポートを受けています。

これらのソリューションは、クラウドネイティブのSophos Centralプラットフォームで簡単に管理でき、直感的な単一インターフェースでインストールの監視アラートへの対応、ライセンスと更新日の追跡を行うことができます。また、総合的な脅威ハンティングと修復サービスであるSophos MDRを活用することもできます。

ソフォスについて

ソフォスは、次世代型サイバーセキュリティにおいて世界をリードする企業として世界 150ヶ国以上、50万社を超える組織と数百万のコンシューマ消費者を今日の高度なサイバー脅威から保護します。ソフォスは、SophosLabs と Sophos AI からの脅威インテリジェンス機能、AI、機械学習を活用して、ユーザー、ネットワーク、エンドポイントをランサムウェア、マルウェア、エクスプロイト、フィッシング、その他さまざまなサイバー攻撃から保護するために高度な製品やサービスの幅広いポートフォリオを提供します。ソフォスは、単一の統合されたクラウドベース管理コンソールである Sophos Central を提供します。これは、適応型サイバーセキュリティエコシステムの中心的存在であり、お客様、パートナー、開発者、その他のサイバーセキュリティベンダーが利用できる豊富なオープン API のセットを活用した一元化されたデータレイクを備えています。ソフォスは、リセラーパートナー、MSP (マネージド サービス プロバイダ) を通じてソフォス製品とサービスを販売しています。ソフォス本社は英国オックスフォードにあります。詳細については www.sophos.com をご覧ください。