システム要件

数々の受賞歴を誇る Sophos Email の各機能や、多彩な製品ビデオなど、必要な情報をすべてこちらにまとめました。

設定と管理

Sophos Email は、デフォルトの設定を使用して、ビジネスとメールボックスをすぐに保護できるため、すぐに使用を開始することができます。

Microsoft および Google との互換性
Sophos Email は、次のような業界トップレベルのメール サービス プロバイダとシームレスに連係して、高度なメールセキュリティを提供します。

  • Microsoft Exchange Online および Microsoft Office 365
  • Microsoft Exchange 2003 以降
  • Google Cloud の G Suite

これ以外のサービスにも対応しています。Sophos Email は、MX を設定するだけで、ドメインを所有し、関連付けされている DNS レコードを制御可能なメールサービスすべてに対応できます。

Sophos Central クラウド型管理とレポート機能
Sophos Email では、Sophos Central を通じてクラウド上のメールを保護、管理します。単一の管理インターフェースから、Web、エンドポイント、モバイルデバイス、サーバーなど、Sophos Central のすべての製品群にアクセスが可能です。

Active Directory Sync と Azure Active Directory Sync
Microsoft Active Directory Sync (AD Sync) と Azure AD Sync は、オンプレミスの Active Directory や Exchange 環境をクラウドに移行するツールで、社内のユーザー情報を簡単に Active Directory や Microsoft Office 365 に反映させることができます。

  • AD Sync を使用して、ユーザーを Sophos Email と自動同期
  • クラウド環境への移行が完了すると、Active Directory のデータを自動的に更新することが可能

マルチポリシー対応
わずか数分で、個人、グループ、またはドメイン全体用のメール セキュリティ ポリシーを個別に作成できるので、貴重な時間を節約できます。

ダッシュボードとレポーティング
モバイルデバイス向けに最適化されたポータルを使用すれば、メール管理者は、ダッシュボードの概要を一目で把握したり、メールや、ウイルス、スパムの詳細なスキャンレポートを表示したりすることができます。

複数拠点のデータセンター
メッセージ処理用データセンターは、複数のグローバル拠点から選択が可能。データに関する法規制の遵守はもちろんのこと、ユーザーエクスペリエンスも向上します。

  • アイルランド
  • 米国
  • ドイツ
詳細を表示

メールセキュリティ機能

高度な脅威から迅速に保護し、ユーザーとビジネスを安全に保ちます。デフォルト設定で直ちに保護の開始が可能で、疑わしいコンテンツ、添付ファイル、URL を含むメールをブロックします。

最新の攻撃をブロックするライブアップデート
Office 365 など、1時間おきにアップデートするマルウェア対策エンジンは、検出率が低くなる恐れ場合があります。Sophos Email のフィルタリング機能は、SophosLabs の常時アップデートによって支えられており、1時間に何千と発見される新しい脅威に対する保護を提供しています。

送受信メッセージの処理
Sophos Email では、複数の言語に対応した高度な検出手法で、送受信メールがフィルタリングされます。

  • 社内ネットワークに入る前に、不要なメールの大半をレピュテーションフィルタリングでブロック
  • 最新のフィッシング攻撃や悪質な添付ファイルを含む、残りの脅威はスパム対策エンジンでブロックし、必要に応じて隔離
  • ソフォスの次世代型レピュテーションフィルタリング テクノロジー「Sender Genotype」(遺伝子型送信者検知) などの手法は、IP 接続レベルで監視して、ボットネット型スパムを除去
  • 「Sophos Delay Queue」は、スパム拡散に多く使われる攻撃手法「スノーシュースパム」に対する保護を提供:製品ビデオを見る 

メール コンテンツ コントロール ポリシー
Sophos Email のコンテンツ コントロール ポリシーを使えば、すべての送受信メッセージのメールコンテンツと添付ファイルの分析が簡単にできます。

  • グループや各ユーザー向けに複数のポリシーを作成する
  • 受信メッセージと送信メッセージをキーワードやファイルタイプでフィルタリングする
  • メールの件名、本文、ファイル名に含まれるキーワードを特定する
  • メールを隔離、削除したり、添付ファイルを除外することによって、データ流出やマルウェア感染を阻止する

フィッシング攻撃のなりすましメールをブロック
複数の認証方式の組み合わせにより、信頼される差出人からの正規メールを識別・許可する一方で、なりすましメールをブロックします。

  • SPF (Sender Policy Framework) は、ドメインからのメール送信が承認されている IP アドレスを検出: 製品ビデオを見る
  • DKIM (Domain Keys Identified Mail) は、改ざんされた送信者でなく、特定の送信者からメッセージが送信されたことを暗号化技術を使って検証
  • DMARC (Domain Message Authentication Reporting and Conformance) は、SPF または DKIM による送信者チェックで検出されたメールの処理方法を定義
  • ヘッダーアノマリの検出は、送信者の表示名が、内部ユーザー名のいずれかと同じであるかを検出

メールボックスの感染の検出
Sophos Email を Phish Threat と連係させることによって、リスクの高い行動をとりがちなユーザーを特定し、セキュリティトレーニングを受講させることができます。製品ビデオを見る

リスクの高い従業員を特定してトレーニング
Sophos Email と Sophos Endpoint を連係させることによって、スパムやウイルスを送信する感染コンピュータを自動的に検出、クリーンアップします。製品ビデオを見る

メールの隔離
事前設定済みの設定を使用して、わずか数秒でメールの隔離ポリシーを設定し、ビジネスを保護できます。隔離されたメールの保存期間は30日間です。

設定完了後は、隔離メールの配信をシステム管理者が処理する必要もありません。ユーザーは、エンドユーザーポータルを使用して、メールをオンデマンドで配信できます。また、隔離されたメールに関する隔離ダイジェストが毎日メールで送信され、隔離されたメールをインボックスから直接配信することもできます。

エンドユーザー向けセルフサービスポータル
システム管理者の負担を軽減します。Sophos Email でユーザーは次のタスクを実行できます。

  • 隔離されたメールの管理 (メールの配信 / 削除)
  • 緊急インボックスは、障害時にユーザーにメールアクセスを提供
詳細を表示

Active Threat Protection (ATP)

Sophos Active Threat Protection (ATP) には、クラウド型サンドボックスやクリック時の URL 保護が備わっており、これまでにないレベルで高度な脅威を阻止します。

Sophos Sandstorm - クラウド型サンドボックス
フィッシング攻撃やスパムメッセージに潜む最新の脅威に対して抜群の防御力を発揮します。SophosLabs のグローバルネットワークの実績に裏打ちされた Sophos Sandstorm は、実行ファイル、PDF、MS Office 文書ファイルなどに見せかけた、アクティブなコードを含む疑わしいファイルのみならず、ランサムウェアなど、文書ファイルに埋め込まれた高レベルの脅威を隔離された領域で実行、検出します。

軽快なパフォーマンス
Sophos Email では、スパム/マルウェア対策機能によってトラフィックが正確にフィルタリングされ、疑わしいファイルだけが Sandstorm に送信されるため、処理時間やエンドユーザーへの影響が最小限に抑えられます。

専用の仮想クラウド環境
専用の仮想クラウド環境で稼働するため、ネットワークへの影響は皆無です。このため、他の方法では実行できないような非常に綿密な解析を実行できます。

高度な脅威に対抗できる優れた保護機能
Sandstorm の強力な脅威対策には、ディープラーニング型ニューラルネットワークによる実行ファイル解析や、高頻度かつ詳細なメモリ解析、すべてのアクティビティと API コールの緻密な動作解析、全プロトコルにわたる詳細なネットワークアクティビティ解析など、従来型のマルウェア検出製品にはないさまざまな機能が備わっています。

Sophos Sandstorm - 複数拠点のデータセンター
複数の拠点からメールスキャンとサンドボックス解析のデータセンターを選択し、コンプライアンスの遵守を図ることができます。

  • アイルランド
  • 米国
  • 日本

クリック時の URL の書き換え
ソフォスの高度な URL 書き換え機能は、メール内のリンクをクリックしたときに遅れて実行される攻撃から防御し、悪意のあるリンクから従業員を保護します。攻撃者は、まず、安全なリンクを含むフィッシングキャンペーンを送信し、メールが、従来型メールゲートウェイのチェックを通過してから、悪質なコンテンツをアップロードするという手法をよくとります。

クリック時の高度な URL 検知機能は、すべてのメッセージを配信前にスキャン。受信メッセージ内の URL を書き換え、ユーザーがリンクをクリックする際に、Web サイトのレピュテーションを再スキャンし、遅れて実行される攻撃をブロックします。

  • ユーザーによるアクセスをブロック、警告、許可
  • 企業ロゴやカスタムテキストを、警告ページにアップロード
  • HTML およびプレーンテキスト形式のメッセージにある URL を書き換え
  • S/MIME や PGP など、デジタル署名されたメッセージ内の URL を書き換え
詳細を表示

ビジネスコンティニュイティ

メールサーバーやクラウドサービスの障害、あるいは停電が発生した場合でも、ビジネスの継続性を確保できます。

スプーリング機能でメールサービスの継続を実現
Microsoft や Google Cloud のメールサービスで障害が発生した場合、受信メールが Sophos Email のキューに追加され、サービスが復旧すると、メールが自動的に配信されます (再試行期間は 5日間)。
製品ビデオを見る

ユーザーが常時アクセス可能な緊急インボックス
サードパーティーのクラウド メール サービスで障害が発生し、サーバーやサービスにメールを配信できない場合は、警告が送信されます。メール消失を防ぐため、そのようなメールは配信用キューに追加され、ユーザーは、エンドユーザーポータルから緊急インボックスに、常時読み取りアクセスできます。
製品ビデオを見る

詳細を表示


今すぐお試しください

無償評価の開始

オンラインデモ

価格のお問い合わせ