Synchronized Encryption

Synchronized Encryption

製品動作の概要

テクニカル Web キャスト

保存場所を問わず自動的に保護

Sophos SafeGuard は、コンテンツの作成と同時に暗号化を実施します。常に暗号化が実行されるので、ファイルを安全に共有することができます。暗号化されたデータへのアクセスを許可する前にユーザーやアプリケーション、デバイスのセキュリティステータスを常時チェックする Synchronized Encryption 機能が、プロアクティブに企業データを保護します。

フルディスク暗号化

OS に標準搭載されている暗号化機能である Windows BitLocker および Mac FileVault 2 を使用したフルディスク暗号化で、集中管理が可能。SafeGuard Management Center でシームレスに鍵管理と復旧できます。従業員のモバイルデバイスからの鍵復旧を許可します。

ファイル暗号化

個別にファイルを暗号化し、共有フォルダ、リムーバブル USB メモリ、またはクラウドに移動されても、暗号化状態が維持されます。

自動的、透過的

ファイルの暗号化や復号化、閲覧は、従業員に意識させることなく、自動的に行われます。したがって、通常の業務に支障をきたすことなく、データを保護できます。

通常どおりの業務

通常のファイルと同様に、暗号化ファイルを、開いて、編集し、社内で共有できます。

社外のユーザーとの共有

ワンクリック操作でパスワードを作成すれば、ファイルを社外のユーザーと共有できます。

さまざまな OS やデバイスで共有

Mac でファイルを暗号化して、Windows で開くことも問題ありません。あらゆるデバイスに対応できます。

データ流出防止

盗難、ハッキングマルウェアや事故によるデータ流出から、高度な機能でデータを保護します。ファイルは自動的に暗号化され、共有したり、クラウドベースのファイル共有サービスにアップロードしたりしても、暗号化状態は維持されます。

リアルタイム保護

SafeGuard は、Sophos Endpoint Protection と Sophos Mobile Control と統合して、Synchronized Encryption を提供します。SafeGuard のローカルエージェントは、エンドポイントの Security Heartbeat をチェックし、自動かつプロアクティブに保護を提供します。

安全なファイルの共有

モバイルデバイス

Sophos Mobile Control を使用すれば、Windows、iOS、Android OS を介して、ファイルの安全を確保できます。

社外のユーザーとの共有

ワンクリック操作で、安全な HTML 5 仮想ロックボックス内にパスワード保護されたファイルを作成できます。

クラウド

クラウド上に保存されたファイルを暗号化するだけでなく、適切なユーザーがあらゆるデバイスからその暗号化ファイルにシームレスにアクセスできるようにします。

コンプライアンス、レポート、管理

シンプルな一元管理によって、データ保護の規制を順守し、データ流出を阻止できます。

  • 即座に出力される詳細なレポートと監視機能
  • ロールベース管理で職務を分割
  • 重要なタスクは、複数人よる承認/実行のプロセスを組み込み可能
  • デバイスを介して、鍵を安全に保存、交換、復旧
  • 集中管理コンソールから、グループやデバイスに対してポリシーを設定

今すぐデータを暗号化して保護