フィッシング攻撃最大のターゲット - 従業員トレーニング

多層防御のセキュリティ対策に、従業員のセキュリティ意識向上は必要不可欠です。Sophos Phish Threat は、自動化可能な攻撃シミュレーションや、効果的なセキュリティ意識向上トレーニング、トレーニング結果の分析を通じて、エンドユーザーにフィッシング攻撃のトレーニングやテストを実施するソリューションです。

組織や企業独自の条件に合わせて柔軟にカスタマイズを行い、従業員のセキュリティ意識の向上を効果的に促進することができます。本製品は英語版のみの提供となります。

カスタマイズ可能なトレーニング機能

例を見る

ほとんどの組織や企業においてセキュリティの最大の弱点は従業員です。従業員は、スピア型フィッシングや、ソーシャルエンジニアリングを利用した詐欺といった攻撃に、常にさらされています。

Sophos Phish Threat では、数クリックで独自のトレーニングを作成し、フィッシング詐欺や、アカウント情報の窃取、添付ファイルによる攻撃などを従業員が見分ける能力を試すことができます。従業員向けの模擬攻撃テストやトレーニングに利用できる、約 200種類の攻撃シミュレーション用テンプレートを搭載。基本的なものから高度なフィッシング攻撃まで、さまざまなテストを実施し、従業員が実際の詐欺メールを見抜く力を向上させましょう。

優れたレポート機能とトレーニングモジュール

 

Sophos Phish Threat には、20種類以上にのぼるセキュリティ意識向上のトレーニングモジュールが用意されています。テストとトレーニングが統合されたシンプルで使いやすいキャンペーンを利用し、必要に応じて模擬トレーニングを実施できます。

定型的なプログラムでは効果的な意識向上が図れないことを考慮し、攻撃シミュレーション、トレーニング、リマインドメール、テスト成績のモニタリングなどは、すべて企業や組織独自のニーズに合わせてカスタマイズすることができるようになっています。Sophos Phish Threat のダッシュボードには、テストやトレーニングの結果がわかりやすく表示され、実用的なレポートや対象を絞った追加テストも簡単に作成できます。

従業員向けテスト / トレーニングをすぐにお試しいただけます。本製品は英語版での提供になります。