クラウドセキュリティの現状 2020 年版

パブリッククラウドでデータやワークロードをホストしている組織の 70% が、昨年セキュリティインシデントを経験しました。マルチクラウドの組織では、単一のプラットフォームを導入している企業と比較して最大 2倍のセキュリティインシデントを報告しています。26 か国 3,251 人の IT 管理者から収集したこれらの統計やその他の多くの統計から、世界中のクラウドセキュリティの真の実態が明らかになっています。

レポートの全文をダウンロード

画像
sophos-state-of-cloud-security-graphic

クラウドセキュリティの国際的な現実

ソフォスの研究から得た興味深い事実について。詳細については、「クラウドセキュリティの現状 2020 年版」のレポートをご覧ください

 

 

 

パブリッククラウドでデータやワークロードをホストしている組織が、セキュリティインシデントを経験した割合

データ流出/漏洩が、セキュリティの懸念事項の 上位 3位のうちの 1つであると述べた組織の割合

誤って設定されたクラウドサービスを通じて攻撃者に対しバックドアを開いたままにしている組織の割合

 

画像
icon-multi-cloud

 

マルチクラウド環境の組織は、単一プラットフォームを使用している組織よりも多くのセキュリティインシデントを報告

画像
icon-top-concern

 

スタッフの専門知識の欠如が最大の懸念と受け止めている組織は、4 社に 1 社のみ

画像
icon-europe

 

欧州の組織に対する攻撃率は全地域で最も低い

画像
world map

完全なクラウド保護

パブリッククラウドを使用している場合でも、ソフォス製品を使用すればセキュリティを確保できます。

画像
icon-cloud-resource

 

すべてのクラウドリソースを表示

マルチクラウド環境 (仮想マシン、ストレージ、コンテナ、 IAM ユーザーなど) の完全なインベントリを取得します。セキュアではない導入環境、不審なアクセス、およびクラウド支出の急増を明らかにします。

詳細はこちら

画像
icon-cloud-load

 

クラウドワークロードを保護

ランサムウェア、ファイルレス攻撃、サーバーに特化したマルウェアなどの最新の脅威から仮想マシンと仮想デスクトップを保護します。

 

詳細はこちら

画像
icon-cloud-protect

 

ネットワークエッジを保護

仮想ネットワーク、仮想デスクトップ環境への送受信トラフィックを保護し、クラウドで実行されているプライベートアプリケーションへのセキュアなリモートアクセスを提供します。

 

詳細はこちら

レポートをダウンロード

 

入力欄に表示される情報について簡単にデータを入力できるように、会社名の入力欄にはオートコンプリート機能が設定されています。入力欄に表示される情報は一般に公開されている情報です。非公開企業のデータは表示されません。会社名を入力する手間を省くためのものです。