新卒、インターンシップ、学生向けプログラム 

Human Faces

ソフォスの学生・研修生向けプログラム 

優秀な人々が、その人のキャリア上最高の仕事ができる環境で共に働くことができる会社は、成功を収めることができる素晴らしい会社です。ソフォスでは、さまざまなチームや部署で次世代の人材を育成するために、新卒やインターンシップのプログラムを用意しています。

これらのプログラムでは、選りすぐりのチームメンバーとともに実務経験を積み、スキルを向上させる機会を提供しています。 インターンシップの職種には、脅威アナリスト、ソフトウェアエンジニア、マーケティング、SophosLabs、SDR などがあります。          

ソフォスが世界各地で提供しているプログラムの概要を以下にご紹介します。

Sopos Interns

カナダ

SDR (Sales Development Representative) インターンプログラム: 通常、3 月から 5 月までの 9 週間、月曜日から水曜日は学業に専念し、木曜日と金曜日にソフォスで仕事をします。通例では、一度に 2~4 人の SDR インターンを受け入れ、インターン期間終了時に 2 つの正社員ポジションが用意されます。インターンは、大学卒業時にフルタイム正社員の採用面接を受けることができます。SDR インターンの多くが、現在もソフォスに在籍しています。 

Co-op プログラム: ESG と NSG の開発グループのプログラムです。「Co-op」の参加者は、冬期または夏期に勉強しながら働くことができます。通常、これらの Co-op の期間は 4 か月または 8 か月です。学生は、もう 1 学期間休学して有給で働くか、大学に戻って早く学位を取得するか、期間を選択することができます。  

テクニカルサポート BCIT 新卒プログラム (CISA コース - コンピュータ情報システム管理): このプログラムを修了した数多くの BCIT の学生が、ソフォスのテクニカルサポートグループで活躍しています。最近では 2021 年 4 月にセッションが開催されました。  

米国

サマーインターンシッププログラム:  全学科の学生を対象とした 10 週間のプログラムです。このプログラムのインターンシップは、技術職と非技術職の組み合わせで、すべて週 40 時間のフルタイム勤務となります。インターンは夏の間、多様なプロジェクトに取り組み、ソフォスのパネルディスカッションやインターンシップイベントに参加します。

SEO プログラム: ソフォスは SEO と提携して、インターンを募集しています。ソフォスは、黒人、ヒスパニック系、ネイティブアメリカンの大学生を対象に、正社員登用につながる夏季インターンシップを提供する非営利団体、SEO との提携を開始しました。   

英国

インターンシップ: 英国での主なインターンはエンジニアリングですが、マーケティングでも数名のインターンを受け入れています。ソフォスでは、卒業後に正社員として採用することを視野に入れ、インターンシップを通じて学生の将来の可能性とソフォスでのキャリアに対する意欲を評価しています。多くのインターン生が、卒業後にソフォスに入社しています。  

アプレンティスシップ: 英国政府は、大学 (高等学校) での資格取得に代わる選択肢として、職場での訓練を支援する目的でアプレンティスシップ制度を創設しました。英国の雇用主は、通常 (求められる資格レベルに応じて) 2 年、3 年、または 4 年 の期間で、実習生の雇用を支援するための資金を国に申請することができます。実地研修は、専門トレーニングや 定時制・契約制の学習時間によってサポートされており、実習生が職務を果たせるレベルにまで技能を高められるよう支援します。

新卒採用制度: 英国のソフォスでは、特に技術系の新卒者を数多く採用しています。そのほとんどが、ソフォスでインターンシップを経験した後、ソフォスに戻られた新卒の方です。これらの制度については、LinkedIn を通じて参加者を募集しています。 

ワークエクスペリエンス: ソフォスは、地元の学校やカレッジの学生を対象に将来のキャリアとしてのテクノロジーにフォーカスし、1 週間の職場体験を提供するほか、学生、特に技術系の学位取得を目指している学生が大学に進学する際に連絡を取り合っています。  

ソフォス (英国) がこれまでに実施した学生向けイベントは、他にも次のようなものがあります。

  • ソフォスへのバーチャル訪問 (パンデミック期間中)
  • ソフォスエンジニアによるソフォスでのキャリアについての説明会
  • SophosLabs は、Science Oxford 主催の STEM Insight Week において、プレゼンテーションとサイバーセキュリティに関するインタラクティブなクイズを作成し、実施しました。この半日のイベントには、さまざまな学校から学生が参加しました。
  • STEM Girls' Day には国立コンピューティング博物館にてプレゼンテーションを行いました。

アイルランド

インターンシップ: ソフォスは、テクニカルサポートに必要なスキルセットに最も適した IT (情報工学) コースを提供しているコークのマンスター工科大学 (MTU) と提携しています。3 回生は、8 か月間のインターンシップに参加することができます。通常、ソフォスは 1 月の開始に先立ち、9 月に候補者の面接を行います。学生は、3 年目の終わり (インターンシップ期間の終わり) に学位取得を目指すか、4 回生として大学に戻り、優等学位 (honors degree) に等しい資格を取得するかを選択することができます。ソフォスはこれまで、このプログラムを通じて数名の学生に正社員のポストを提供しています。   

ドイツ

インターンシップ: インターンとして、それぞれの部署で正社員と同じように最大週 40 時間勤務します。初日から日常のあらゆる業務に携わり、将来希望する仕事がどのようなものかを知ることができます。 

トレーニーシップ: トレーニー (研修生) または社会人学生として、学業と並行して最大週 20 時間働き、専攻科目に応じた専門的な職業経験を積みます。 

アプレンティスシップ: アプレンティス (実習生) として、理論と実践の両面で経験を積みます。理論的部分については専門学校で学び、実践的部分はソフォスで直接業務に携わることを通じて学びます。このプログラムは、通常 2 年半から 3 年間で実施されます。 

インド

インターンシッププログラム: サイバーセキュリティに対して好奇心が旺盛で情熱を持つ 15~20 名の若手プロフェッショナルを対象とした、6 か月間のインターンシップです。プログラム終了後は、フルタイムのポジションに移行することができます。Central チームと Cloud チームは、大学を卒業した若い人材を継続的に各チームに採用しています。NSG では、ソーシャルメディアに問題文を掲載し、その解決策を若い人材から動画で募り、そうした人材をソフォスが採用すべき理由を伝えるという、先進的アプローチを実践しています。   

    私の個人的目標のひとつは、インターンシップに参加して、授業で学んだことを応用して活かすことでした。理論的な知識を実際に応用してみることで、初めて本当の意味で学んだと言えるのではないでしょうか。MTR チームで脅威アナリストとして働くことで、自分が持っている技術的な知識の多くを応用する機会に恵まれました。また、大企業におけるワークフローやチーム間のコラボレーションも経験することができました。サイバーセキュリティの学位取得に向けた後期授業に備える意味でも、素晴らしいスタートを切ることができたと思っています。 

    James Ackerman (MTR インターン)

    従業員紹介 - 学生、研修生、新卒、インターン

    画像
    Sabah Saddiq

    Sabah Saddiq (アビンドン、開発部門ソフトウェアエンジニア)

    私はコンピュータサイエンス専攻し、新卒で入社しました。学位取得中にソフォスでインターンシップを経験し、とてもよい経験だったので、ソフトウェアエンジニアとしてソフォスに戻ってきました。インターン期間は素晴らしい機会でしたし、これ以上ないほど素晴らしいチームでキャリアをスタートさせることができました。誰もがいつでも助けてくれたので、学習することが非常に多かったですが苦にはなりませんでした。いつでも相談できる開発チームから常に指導を受けることができました。お客様に向けてリリースされる実際のプロジェクトに取り組むのは手ごわい挑戦でしたが、素晴らしい学習体験でした。また、本物の社員として扱われることで、この業界でのキャリアがどのようなものになるのかを本当に知ることができました。インターンとしてのオンボーディングは、とてもスムーズでした。私の上司は年間を通じて素晴らしい上司でした。2 週間に 1 度の面談では、その時取り組んでいたプロジェクトや私の進捗状況について話し合い、改善のための目標を一緒に設定しました。概して、ソフォスはポジティブで人材育成に長けた、インクルーシブな職場です。

    画像
    Shreya Phadke

    Shreya Phadke (アーメダバード、SophosLabs 脅威リサーチャー)

    インドの SophosLabs で脅威リサーチャーとして勤務しています。アーメダバードのニルマ大学でコンピュータ工学の技術学士を修了しました。2018 年 1 月に大学の新卒者募集でインターンとしてソフォスで働き始め、7 月に脅威リサーチャーとして正社員に転換しました。サイバーセキュリティ分野に興味があり、マルウェア解析を学ぶことを楽しみにしていたので、SophosLabs は私のキャリアをスタートさせるのに最適な場所でした。大学ではマルウェア解析に関する科目がなかったため、まったく初めての経験でゼロから学びました。入社時の体験は素晴らしいものでした。入社のお祝いに頂いたギフトパックは、新入社員の私にとって嬉しい限りでした。人事部は常に気に掛けていてくれ、入社時のプログラムにも大変助けられました。ソフォスでのキャリアを通じて、私は日々新しいことを習得しています。現在は、新しいインターン達の指導者として、管理職への道を歩んでいます。これまでのところ、色々と学べる素晴らしい体験となっています。チームメンバー全員がとても協力的で、インターンから脅威リサーチャーとしての成功を目指す私を支援してくれています。

    画像
    Chloe Acebes

    Chloe Acebes (アビンドン、ソフトウェア開発部門ディレクター)

    ソフォスのソフトウェアエンジニアリング部門でディレクターを務めています。大学を卒業して以来、20 年近くずっとソフォスに勤めています。グラスゴー大学で物理学と天文学の学位を取得した後、ソフォス初のソフトウェアエンジニアリングの新卒トレーニングプログラムに参加しました。このプログラムでは 3 か月間のトレーニングが行われ、私は他の卒業生とともに、C++ コーディング、マルウェア検出に使用されているソフォス独自の言語、さらにはセールスチームとサポートチームのオペレーションなど、さまざまなことを学びました。最近のソフォスのインターンシッププログラムがそうであるように、グループの一員として参加できたことは、まったく新しい職場環境に慣れながら、友人を作る上で非常に有効な方法でしたし、さらなるサポートを提供してくれました。トレーニング終了後に配属されたチームでは、メンターが指導してくれ、あらゆる質問にも答えてくれました。それ以来、私はずっとエンジニアリング部門でさまざまなチームと製品に携わってきました。その中で、ソフォスのエンドポイント製品のさまざまな部分のコードを書く新卒ソフトウェア開発者だった私は、Windows と Linux 向けのソフォスの次世代 EDR 製品を開発するエンジニアチームを率いるディレクターへと昇進してきました。

    画像
    Priyanka Sahani

    Priyanka Sahani (アーメダバード、開発部門ソフトウェアエンジニア)

    私はインターンとしてソフォスに入り、それから 1 年経たないうちに正社員になりました。インドのヴァドーダラーにあるパルール工科大学でコンピュータサイエンスとエンジニアリングを専攻し、卒業しました。ソフォスのワークカルチャーについて良い評判を聞いたので、LinkedIn を通じてソフォスに応募しました。ソフォスへの入社は、とてもスムーズに進みました。入社時には暖かく迎え入れられ、その体験からすぐに自分のキャリアに適した組織であることを実感しました。上司はトレーニングの詳細をすぐに伝えてくれ、私の仕事内容や将来のキャリアパスについても教えてくれました。ソフォスでは毎日が新しい挑戦の連続で、学ぶ姿勢を持っていれば、知識を身に付けることを止められる人はいません。ソフォスは、自分のスキルセットを探求し、向上させることができる場所です。ソフォスでは、新たな課題と新たな解決策を模索し、専門知識を身に付けることができる、やりがいのある職場です。

    画像
    Christopher Döring

    Christopher Döring (ヴィースバーデン、グローバルエスカレーションサポートエンジニア)

    私は、「Staatlich geprüfter Medientechnischer Assistent」(国家認定メディアテクノロジーアシスタント)、「Fachinformatiker - Systemintegration」(システム統合の IT スペシャリスト) の職業訓練を修了しています。ソフォスに入社したのは 2004 年 8 月のことです。情報学の恩師が暗号化と IT セキュリティの基礎を教えてくれたことがきっかけで、これらの分野の知識を深めたいと思うようになりました。そのような私にうってつけだったのがソフォスでした。変化する環境と課題に対応するため日々スキルを磨くことは、現在の職務に役立つだけでなく、将来に向けて自分自身の選択肢を広げることにもつながります。発展する最新テクノロジーに遅れないようにするのは容易ではなく、学習に時間を割かなければ瞬く間に後れを取ってしまいます。その点、さまざまな学習プラットフォームが提供され、最新の情報を得るための時間も確保されているのは嬉しいことです。

    画像
    Naimish Shah

    Naimish Shah (アーメダバード、開発部門ソフトウェアエンジニア)

    私は、インドを拠点とする NSG のソフトウェアエンジニアです。ガンディーナガルにある LDRP Institute of Technology and Research でコンピュータ工学の学位を取得後、Venus International College でコンピュータ工学の学士号を取得しました。私のキャリアにおける最大の目標は、品質保証の分野で優秀な人材となり、さまざまなテクノロジーで実地経験を積むことです。私は 2018 年 9 月にインターンとしてソフォスに入社し、翌年 6 月に正社員になりました。当時求めていたのは、企業生活、仕事、文化について実際の経験を積むことです。インターンとしてのオンボーディングでは、採用担当者と人事チームから明確な指示がありました。採用担当者が私のメンターとなり、3 人のバディと同じプロジェクトに取り組みました。複数のプロジェクトで異なるチームと仕事をすることはチャレンジングでしたが、思い出に残る良い経験になりました。これまで多くのことを学びましたが、今後も学び続けたいと思います。これまでのキャリアの中でさまざまなチームと仕事をし、ソフォスでの職務に役立つ経験を積むことができています。

    画像
    Mel Inkersole

    Mel Inkersole (アビンドン、開発部門、ソフトウェアエンジニア)

    ソフォスとの最初の接点は、2017 年 11 月のインターンアセスメントデーのときでした。そこで合格し、「サンドイッチイヤー」(2018~2019 年) の一環として 1 年間のインターンシップに参加しました。その年の終わりにオックスフォードブルックス大学に戻り、2020 年 6 月にコンピュータサイエンスの理学士を優等学位で修了し、その後すぐにソフォスに再入社しました。先輩エンジニアとペアを組む機会を与えてもらい、エントリーレベルの仕事を数多く任せてもらったので、インフラストラクチャと製品について理解を深めることができました。スキルが上がれば上がるほど、任される仕事もより複雑なものになっていきます。常に学び、挑戦し続けるこの仕事は、とても楽しく、やりがいを感じています。現在は次世代製品の 1 つの機能に取り組んでいます。この分野でプロフェッショナルとして成長し続けたいです。そして、将来が楽しみです。

    画像
    Shivani Kasar

    Shivani Kasar (アーメダバード、SophosLabs 脅威リサーチャー)

    インドの SophosLabs で脅威リサーチャーとして働いています。私はインドの Pune Institute of Computer Technology で情報工学を修了し、2021 年 7 月に脅威リサーチャーとしてソフォスに入社しました。現在トレーニングを受けており、何もかもが楽しいです。ソフォスに入社した動機は、新入社員がサイバーセキュリティを実地体験できるからです。ソフォスはフレンドリーな職場で、それは採用プロセスにも反映されています。誰もがとても親切で、常に協力的です。学生や新入社員が革新的なアイデアやコンセプトを提案してくれます。彼らが新鮮なエネルギーと情熱をチームに吹き込むことによって、マネージャーやチームには非常に大きなメリットがもたらされています。

    画像
    Vivian Tan

    Vivian Tan (ヴィースバーデン、マーケティングスペシャリスト)

    ソフォスの EMEA セントラルマーケティングチームに所属しており、担当地域のキャンペーン実施、デジタルマーケティング、ソーシャルメディアを担当しています。使用していたコンピュータに Sophos Home がインストールされていたことや、父が IT 業界で何十年も働いていることから、ソフォスについては以前から知っていました。観光学の勉強を終えた私は、インターン先として興味を引かれる業界を探していました。その頃、ソフォスのイベントマネジメントのインターンシップ広告を見つけ、もともと大学時代に力を入れていた分野でもあったため、応募しました。IT 業界全般に非常に興味をそそられ、もっと学びたいと感じていました。複数のプロジェクトを担当させてもらい、責任を持って仕事ができたことがありがたかったです。ソフォスで働き続けたいと思ったのは、その時のチームの存在が大きいです。

    画像
    Aditya Raj

    Aditya Raj (アーメダバード、SophosLabs インターン) 

    私は、ジャイプールの LNMIIT で科学技術士号 (電子通信工学) の最終学年を履修しています。プログラミングと問題解決に興味があり、競技コーディングを楽しんでいます。現在はソフォスで脅威リサーチャーのインターンとして、アプリケーションリサーチチームで働いています。サイバーセキュリティの分野には、ずっと興味がありました。そのため、ソフォスが私の大学にインターン募集をしに来た際、その仕事内容を読んで自分の興味にぴったりだと感じ、ソフォスで働くことにしました。ソフォスでは、チームの一員として働くこと、職場文化の健全性を高めることの重要性について学びました。サイバーセキュリティの分野でトレンドとなっているテクノロジーを直接体験することができましたし、プロフェッショナルな環境で働くことに慣れました。大学から職場への移行は、予想していたほど困難なものではありませんでした。これは主に、私が配属されたのが非常に協力的なチームで、職場への適応と企業文化に慣れる手助けをしてくれたおかげです。