日本およびアジア太平洋地域におけるサイバーセキュリティの展望

ソフォスと Tech Research Asia (TRA) は、日本およびアジア太平洋地域におけるサイバーセキュリティの展望第 4 版のレポートを発表するために再び共同で取り組んでいます。

このレポートでは、APJ 全域のビジネス意思決定者 900人を対象とした包括的な調査に基づいています。前年とは異なり、主にサイバーセキュリティに関するバーンアウト (燃え尽き症候群) と疲労、および従業員やその組織に及ぼす影響に焦点を当てています。

研究結果は 5つのセクションに分けて紹介されています。

  1. サイバーセキュリティのバーンアウト
  2. 取締役会、経営幹部、サイバーセキュリティ
  3. サイバーセキュリティの設定
  4. インシデント対応と復旧
  5. サイバーセキュリティ専門家と IT 専門家の懸念と不満

 

このレポートには、以下の内容を含む地域レベルおよび国レベルの統計に関する詳しい洞察が記載されています。

  • サイバーバーンアウトを経験しているサイバーセキュリティ専門家と IT 専門家
  • サイバーバーンアウトにより、サイバーセキュリティ専門家と IT 専門家の退職を経験している企業
  • サイバーバーンアウトによる週あたりの平均損失時間
  • サイバーセキュリティ専門家の不満トップ 3
  • 取締役会とシニアチームのサイバーセキュリティにおける理解
  • インシデント対応計画 – 攻撃前と攻撃後
  • トレーニングと教育の効果