製品の概要

製品画面

詳細情報

Sophos Mobile のメリット

Sophos Mobile は、デスクトップやモバイルデバイスなど、エンドポイントのセキュリティ管理に割ける時間や労力が限られている企業に最適な UEM (Unified Endpoint Management) ソリューションです。最先端の次世代型エンドポイントセキュリティ機能とネイティブ連携する、唯一の UEM ソリューション「Sophos Mobile」は、
Windows 10、macOS、iOS、Android の管理を支援します。

生産性の確保

従業員は、利用方法や利用デバイスを問わずに安全な環境で作業を行うことができます。

セキュリティ

業務データの流出を防ぎ、マルウェア攻撃から保護します。

使いやすさ

設定、管理、保守が簡単です。

手頃な価格

ユーザー単位の価格体系なので、手頃な価格でモバイルデバイスを管理・保護できます。

Sophos Mobile -
統合エンドポイント管理

クラウド管理
Sophos Central

または

.
オンプレミス管理

デバイス

  • iOS、Android、Windows 10、macOS
  • 設定とポリシー
  • インベントリおよびアセットの管理
  • 詳細なレポート

アプリケーション

  • インストール、アンインストール、アプリの表示
  • エンタープライズ アプリ ストア
  • アプリケーションコントロール、ホワイトリスト / ブラックリスト
  • Office 365 アプリの管理と設定

コンテンツ

  • メールと文書ファイルのコンテナ管理
  • コンテンツの配信
  • コンテナのみ管理の機能
  • ネイティブ OS コンテナ

セキュリティ

  • コンプライアンスルールと修復
  • マルウェア、ランサムウェア、業務上不要と思われるアプリ
  • フィッシング対策
  • Web プロテクション、Web フィルタリング

…その他多数あります。

課題

デスクトップやモバイルデバイスなどのエンドポイントの管理には、手間とコストが掛かるが、全く管理しないのはリスクが高すぎる。

課題

モバイルデバイスはエンドポイントだから、脅威に対して脆弱である。企業の機密データをモバイルデバイスで利用したら、機密データが保護されない可能性がある。

課題

モバイルデバイス、Windows、Mac を、個別のコンソールで管理するのは、時間と手間がかかりすぎる。そのうえ、各セキュリティ製品ごとにコンソールが異なるから、いちいちログイン/ログアウトしなくてはならない。他によい方法はないのか。

課題

モバイルデバイス上の Microsoft Office 365 アプリの管理と設定には手間が掛かり、追加の管理コンソールが必要になる。

解決策

Sophos Mobile を使えば、少ない時間と労力でコンピュータやモバイルデバイスなどのエンドポイントを管理・保護できます。従業員は、好きなデバイスを使用し、好きなやり方で仕事ができるため、生産性が向上します。管理者は、リスクを最小限に抑えることができるので安心です。

解決策

Sophos Mobile を利用すれば、モバイルデバイスおよびモバイルデバイス上のデータを簡単に保護できます。豊富なデバイス管理機能とコンテナ、業界トップクラスの暗号化機能で、モバイルデバイス上の機密情報を含む業務メールや文書ファイルを保護。個人所有のデバイス (BYOD) も同様に保護します。優れたマルウェア対策とランサムウェア対策機能が、悪意のあるコンテンツやアプリから従業員とデバイスを守ります。

解決策

Sophos Central 管理型の Sophos Mobile は、モバイルデバイスのセキュリティ対策と併せて、エンドポイント、ネットワーク、サーバーのセキュリティ対策も一元的に管理できる、統合エンドポイント管理機能を提供します。ソフォスのすべてのセキュリティ製品を、使いやすく、デザインが共通の、単一のコンソールで管理します。

解決策

Sophos Mobile を使用してモバイルデバイス上の Office 365 アプリを管理、設定できます。管理者は、Sophos Mobile の集中管理インターフェースを使用することによって、ポリシーの作成、配信などの操作を大幅に効率化することができます。

 

個人所有デバイスの業務利用?
問題ありません!

Sophos Mobile なら、個人所有、会社所有にかかわらず、最小限の手間でモバイルデバイスを保護できます。

従業員が個人の macOS、Windows 10 デバイス、あるいはモバイルデバイスを業務に利用している場合、フレキシブルなセルフサービスポータルを使用して、従業員自身がデバイスを登録できるほか、パスワードをリセットしたり、ヘルプファイル参照したりできるため、管理者の手を煩わせません。

コンテナのみの管理では、管理者は、モバイルデバイス自体を管理する必要がなく、Sophos Secure Email アプリと Sophos Secure Workspace アプリで業務データの制御を行います。この方法は、従業員のプライバシーに配慮しながら、業務データやメールを保護する必要のある、BYOD (Bring Your Own Device) 環境に最適です。

Sophos Mobile Security

Sophos Mobile Security は、パフォーマンやバッテリーの持ちに影響を与えることなく、Android デバイスを保護します。業界トップレベルのマルウェア対策テクノロジーを駆使し、数々の受賞歴を誇るウイルス / ランサムウェア対策をはじめ、業務上不要と思われるアプリケーション対策、プライバシーアドバイザー、Web プロテクション、不要な Web コンテンツのフィルタリング機能を提供します。デバイスのセキュリティステータスを常に監視し、デバイスが感染したときにユーザーに通知を行うほか、問題の修復アクションを開始したり、業務データへのアクセスを自動的に制限したりすることも可能です。

無償評価

iOS デバイス対応バージョンはこちら

第三者機関による評価

クラウドベースの統合管理コンソール

Sophos Central で一元管理

  • エンドポイント、ネットワーク、サーバーセキュリティと共に、包括的な UEM を提供
  • サーバーの構築が不要なため、数分で利用を開始
  • 統合化されて、使いやすい Web ベースの管理コンソール

Sophos Mobile の試用

無償評価版の
開始

今すぐ申し込む

オンライン
デモ

無償評価

価格
について

問い合わせる