ソフォスとアライドテレシス、次世代ファイアウォールとSecure Enterprise SDNソリューションで連携

5月 29, 2017 Sophos Press Release

ソフォス株式会社(本社 東京都港区、代表取締役 中西智行、以下ソフォス)とアライドテレシス株式会社(本社 東京都品川区、代表取締役社長 大嶋章禎、以下アライドテレシス)は、アライドテレシスのSDN/アプリケーション連携ソリューション「Secure Enterprise SDN(以下SES)」と、ソフォスの次世代ファイアウォール製品であるSophos XGシリーズおよびエンドポイントセキュリティと直接通信し合う新しい機能「Sophos Security Heartbeat™」と連携し、SDNによるネットワークセキュリティの強化ソリューションを提供して行くことに合意しましたので発表いたします。

ソフォスの次世代ファイアウォール製品 Sophos XG Firewallは、全ソフォス製品に備わったシンプルセキュリティという理念を体現し、かつ最新の高度な脅威対策をも備えた製品です。すべてのユーザーやアプリケーション、ネットワークのポリシーを取り扱う単一のコンソール、標的型攻撃対策、暗号化、DLPといったセキュリティ機能、オンボックスレポート機能、特許技術であるLayer-8 Identity controlを使用したユーザー識別機能などが標準搭載されています。さらにXG Firewallは、Security Heartbeat™によってエンドポイントと自動連係し、ネットワーク単体での防御では実現できなかった、より包括的で効率的な脅威対策を実現します。

アライドテレシスのSESは、SDN技術をエンタープライズ市場に適応させ、企業向けアプリケーションとネットワークを連携/連動させることにより、ネットワーク運用管理にかかる工数/コストの削減、およびセキュリティの強化を実現します。SESはすでにIT資産管理システム、ネットワーク脅威検知システムと連携しておりますが、このたびSophos XGシリーズとの連携により、次世代ファイアウォール機能であるAdvanced Threat Protection機能や、エンドポイントセキュリティと直接通信し合う新しい機能「Sophos Security Heartbeat™」等にて検出しブロックした被疑端末の通信をエッジスイッチにて遮断・隔離し拡散防止をするといった情報漏洩ソリューションを提供いたします。

構成図

<図:SESとSophos XG Firewall 連携構成概要>

両社は今後、2017年7月までにサービス提供を目指し、共同開発検証を行ってまいります。