サイバー脅威から小中高等教育機関を保護

小中高等教育機関のサイバーセキュリティの課題は増加し続けており、2021年に比べて、44% が攻撃の複雑性が増し、47% が攻撃量の増加を経験しています1

このレポートでは、以下について説明します。

  • 小中高等教育機関が今日直面しているサイバーセキュリティの課題
  • テクノロジーだけでは防ぐことのできないサイバー脅威から、Sophos MDR が何百校もの小中高等教育機関をどのように保護しているか
  • Sophos MDR に対する教育機関の声

 

1 教育機関のランサムウェアの現状 2022年版、ソフォス。小中高等教育機関の 320 人を含んだ 5,600人の IT 専門家を対象とした独立調査。ランサムウェア攻撃による被害とは、攻撃によって 1 台以上のデバイスが影響を受けている状況と定義されます。デバイスが暗号化されていないケースもこの定義に含まれます。