購入方法

ポリシーの適用、アップデートの実行、レポート情報の収集を実行のためには、クラウドベース管理の Sophos Central を利用するか、Sophos Enterprise Console を導入のいずれかを選択してください。

エントリーレベルの保護機能には Standard を、ポリシー制御を伴う追加の保護機能が必要な場合には Advanced を選択してください。

オプションで、Sophos Central からエンドポイント管理する場合には Intercept X を、Enterprise Console を導入する場合には Endpoint Exploit Prevention を追加できます。いずれのオプションでも CryptoGuard ランサムウェア対策とエクスプロイト防止対策の機能が含まれます。Sophos Central の Intercept X には、攻撃の詳細を視覚化する根本原因解析 (RCA) 機能が追加で含まれます。

ENDPOINT
PROTECTION
STANDARD
ENDPOINT
PROTECTION
ADVANCED
ENDPOINT
EXPLOIT
PREVENTION
CENTRAL
ENDPOINT
STANDARD
CENTRAL
ENDPOINT
ADVANCED
INTERCEPT X
  ENDPOINT PROTECTION INTERCEPT X
攻撃対象領域の削減
Web セキュリティ
ダウンロードレピュテーション
Web コントロール / カテゴリベースの URL ブロック
周辺機器コントロール
(USB など)
アプリケーションコントロール
クライアントファイアウォール
実行前防御
ディープラーニングによるマルウェア検出
ファイルベーススキャン
Live Protection
実行前動作解析 (HIPS)
不要と思われるアプリケーション (PUA) のブロック
パッチ評価
データ流出防止 (DLP)
エクスプロイト防止
脅威の実行阻止
ランタイム動作解析 (HIPS)
Malicious Traffic Detection (MTD)
悪質なプログラムの確実な防止
ランサムウェアからのファイル保護 (CryptoGuard)
ディスクとブートレコードの保護 (WipeGuard)
MITB 攻撃から保護 (セーフブラウジング)
調査とクリーンアップ
マルウェアの自動削除
Synchronized Security (Security Heartbeat)
根本原因解析 (RCA)
Sophos Clean
*OS の種類によっては一部サポートされない機能もあります

システム要件一覧