仮想化環境向けセキュリティ対策

最適化されたパフォーマンス、システムへの影響を最小限に抑えたマルウェア対策

仮想化環境向けセキュリティソリューション

Sophos for Virtual Environments は、VMware ESXi や Microsoft Hyper-V 環境の仮想マシンを効率的に保護するセキュリティソリューションです。各ゲスト OS のマルウェア検索を Sophos Security VM で集中的に処理することにより、キャンストームやアップデートストームを回避します。

オンアクセス / オンデマンド / スケジュールスキャン機能が備わっているほか、複数のコンポーネントを持つ脅威も自動的にクリーンアップ。パフォーマンスを最適な状態に保ちつつ、悪意のある攻撃からサーバーを保護します。

各ゲスト仮想マシン上の Thin Agent (コンパクトなエージェント)

暗号化されたトラフィック (インスペクション用ファイル情報など)、Sophos Security Virtual Machine から送信される結果

ポリシーおよびアップデートの状態、脅威に関する情報

Sophos Live Protection

SophosLabs のマルウェア解析情報をリアルタイムに照会し、未知の脅威を検出します。

Sophos Enterprise Console

目的や用途に応じてクラウドベースまたはオンプレミスの管理コンソールを選択できます。

リアルタイムの脅威対策

Sophos for Virtual Environments には、ゼロデイ攻撃を含むマルウェアにリアルタイムに対応し、サーバーやデータを強力に保護します。

キャッシュを利用することで、前回との差分のみをスキャンし、不要なスキャンや通信を排除するため、パフォーマンスを損なわずに効果的なセキュリティ対策を提供します。ファイルの状態が不明な場合は、集中型スキャンとクリーンアップを実行する一方で、状況に応じて、クラウドベースの Sophos Live Protection で未知の脅威にも対応します。

簡単でフレキシブルな導入形態

集中型スキャン・管理を実行する Sophos Security VM をホストに展開し、コンパクトなエージェントでゲストVM を保護するだけで簡単に導入が可能。追加のアプライアンスやサードパーティのコンポーネントは一切不要です。直感的に操作できる管理コンソールから、すべての仮想マシンに対して、ポリシーの作成、警告の表示、スキャンのリクエストを一元的に行うことができます

同じ Sophos Server Protection のライセンスで、物理環境の保護から仮想環境の保護に移行することも可能です。

シングルポイントでセキュリティを統合管理

物理 / 仮想サーバー、オンプレミス、クラウド (Sophos Central) のいずれの管理形態でも、一貫したセキュリティポリシーを全体にわたって適用・管理。エンドポイント、モバイル、ワイヤレスデバイス、メール、Web ゲートウェイと併せて、サーバーセキュリティを操作が簡単な単一のコンソールで管理することができます。

柔軟なライセンス体系

Sophos for Virtual Environments は、すべての Sophos Server Protection ライセンスに含まれています。用途や目的に応じて、以下のいずれかの管理コンソールをお選びいただけます。

Sophos Central

クラウド管理環境

Sophos Enterprise Console

オンプレミス版管理サーバー

これらのライセンスは、仮想および物理サーバー上で使用できます。また、Sophos for Virtual Environments は、コンポーネントを追加インストールすることなく、お使いのハイパーバイザーに簡単に導入できます。複数のプラットフォームが混在する環境や、VMware v/Sphere/ESXi および Microsoft Hyper-V 環境で管理方法を統一するのに最適なソリューションです。

その他の製品

サーバー向け次世代型保護機能は、ソフォスのエージェント型サーバーセキュリティ対策、Sophos Server Protection でも提供されています。ワンクリックで信頼するアプリケーションをホワイトリスト化するサーバーロックダウン、CryptoGuard、MTD (Malicious Traffic Detection) など、さまざまな機能をご利用いただけます。

Sophos Server Protection の詳細情報

ワンクリックでサーバーロックダウン

CryptoGuard

関連資料