Server Security

サーバー向けマルウェア対策

Sophos Server Protection は、パフォーマンスを低下させることなく、様々な脅威からサーバーを保護します。Windows / Mac / Linux / UNIX をサポートし、マルチプラットフォーム対応を特長とする製品です。

価格についてのお問い合わせ

製品紹介

Server Protection

スクリーンショット

業務への影響の少ない
高度なセキュリティ

基本的な Windows Server のファイルサーバーや高度な Linux アプリケーションサーバーの保護であっても、システムのリソースを消費せずに稼働する最善のウイルス対策をお客様は求めています。ソフォスのマルウェア対策のコアエンジンには次の特長があります。

  • 未知の脅威をプロアクティブに検出
  • サイズの小さなファイルでウイルス定義を頻繁にアップデート
  • SophosLabs によるリアルタイムのライブスキャン


仮想環境に最適化

ソフォスの製品は仮想環境にも対応しています。あらゆる機能を搭載したソフォスのエンドポイントクライアントは、主要なハイパーバイザーの vSphere、Hyper-V、および XenServer 上で少ない使用メモリ量で実行されます。また、次のような特長を持った vShield 対応のエージェントレス ウイルス検索も提供しています。

  • 新しい VM を自動保護
  • 効率的な集中管理によるアップデート
  • スキャン時に PC が使用不能にならない

エージェントレス型スキャンに関する詳細はこちらをご覧ください。



すべてのプラットフォームのセキュリティ

ソフォスは、多様なプラットフォームに対応しているので、組織内のすべてのサーバーを保護できます。Sophos Server Protection は Windows Server をはじめ、Linux ディストリビューション (CentOS、Ubuntu など) や UNIX OS (HP/UX、Solaris、AIX など) にも対応しています。



オンプレミス / クラウド

サーバー対策は、クラウドとオンプレミスのいずれかで導入できます。ソフォスが提供するクラウド管理型セキュリティサービス、Sophos Cloud を利用できます。または、オンプレミス版の管理サーバー (Sophos Enterprise Console) を自社に導入できます。どちらの導入形態でも、直観的な管理コンソールで、すべてのサーバーと従業員のクライアントマシンを管理できます。



無償評価版 価格についてのお問い合わせ

  • レビュー/アワード

  • Related Blog Posts