別のコンピュータ (リモートコンピュータ) にソフォスの管理データベース コンポーネントをインストール/アップグレードする方法

  • 文章 ID: 33980
  • 更新日: 2015 8 24

この文章では、ソフォス管理データベース コンポーネントを、ソフォスの管理サーバー コンポーネントがインストールされているコンピュータとは別のコンピュータ (リモートコンピュータ) にインストールする方法について説明します。

この文章で説明する手順は、分散インストールおよび新規インストールのアップグレードにも適用できます。

影響を受けるソフォス製品とバージョン
Enterprise Console 5.3.1
Enterprise Console 5.3.0
Enterprise Console 5.2.2
Enterprise Console 5.2.1 R2
Enterprise Console 5.2.1
Enterprise Console 5.2.0
Enterprise Console 5.1.0
Enterprise Console 5.0.0
Enterprise Console 4.7.0
Enterprise Console 4.5.0

説明・対策

ソフォスの管理データベース コンポーネントをリモートコンピュータにインストール/アップグレードする場合は、他の管理コンポーネントよりも先にデータベースコンポーネントをインストール/アップグレードする必要があります。

下記の手順を実行する前に、各バージョンのコンソールに対応するデータベースの名前を確認してください。詳しくはサポートデータベースの文章 17323 を参照してください。

別のコンピュータにデータベース コンポーネントをインストール/アップグレードする

ソフォスのデータベースを管理サーバー以外の別のコンピュータにインストール/アップグレードする方法は複数あります。

管理サーバーコンポーネントをインストール/アップグレードする

ソフォスの管理データベース コンポーネントがインストール/アップグレードされたら、以下を実行します。

  1. コンソール/管理コンピュータ上でインストーラを実行します。 
  2. 「データベース」を除外して、必要なコンポーネントを選択します。
    注: データベースコンポーネントのアップグレードに関しては、「アップグレード」ボタンのみが表示されます。下記の手順 3 はスキップできます。
  3. メッセージが表示されたら、ソフォスのデータベースをインストールしたコンピュータと SQL サーバーのインスタンスを指定します。
    指定できるデータベースのアカウントについて、詳細はサポートデータベースの文章 113954 を参照してください。
  4. ウィザードを続行してインストール/アップグレードを完了させます。

技術情報

データベースコンポーネントのインストールまたはアップグレードを行うと、インストールまたはアップグレードが行われたバージョンで使用される新しいデータベースのみが作成されます。これによって、新しいデータベースの作成に加えて、「データベース」アカウントがデータベースにアクセスできるように、「データベース」アカウントを Windows のセキュリティグループの 'Sophos DB Admins' のメンバーに設定します。  

アップグレード時には、管理サーバーのインストール/アップグレード処理の一部として、以前のデータベースからのデータが新しいデータベースに移動されます。管理サーバーインストーラはアップグレード処理の一部として UpgradeDB.exe を呼び出し、以前のデータベースからのデータを新しいデータベースに移動します。

注: アップグレード処理に問題があって、再度実行する必要がない限り、UpgradeDB.exe を手動で実行する必要はありません。

以前のバージョンの Enterprise Console からアップグレードする場合、データベース コンポーネントを完全にアップグレードするまで Sophos Management Service は開始しません。データベース コンポーネントがアップグレードされているのに、アップグレード後にソフォスの管理サービスが開始しない場合は、111898 の文章をご覧ください。

 
詳細情報が必要な場合やご不明の点がある場合は、 テクニカルサポート までご連絡ください。

Rate this article

Very poor Excellent

Comments