SafeGuard Easy のシステム要件

  • 文章 ID: 118647
  • 更新日: 2016 3 16

システム要件

特別に指定の記載がない限り、このページのすべての情報は SafeGuard Easy 7.0 に関するものです。

対応 OS x86
32ビット版
x64
64ビット版
IA-64 (Itanium)
64ビット版
最小
ディスク容量
最小
メモリ
SafeGuard Easy - Client
Windows XP SP3
Professional
check2
300 MB 1 GB1
Windows Vista SP2
Business、Enterprise、Ultimate Edition
check2 check2 300 MB 1 GB1
Windows 7 SP1
HomePremium、Professional、Enterprise、Ultimate Edition
check check 300 MB 1 GB1
Windows 8、8.1
Pro、Enterprise Edition
check check  100 MB 2 GB1
Windows 10
Pro、Enterprise Edition
check3 check3 100 MB 2 GB1
SafeGuard - Policy Editor
Windows 7 SP1
HomePremium、Professional、Enterprise、Ultimate Edition
check check 1 GB 1 GB*
Windows 8、8.1
Pro、Enterprise Edition
check check
Windows Server 2008 SP2
check 標準的な Windows Server のインストールガイドラインに従ってください
Windows Server 2008 R2 SP1 check
Windows Server 2012
check
Windows Server 2012 R2
check

Windows Small Business Server および Windows Server Essentials は非対応です。

対応データベース
Microsoft SQL Server 2008 SP3、2008 R2 SP2 および SP3、2012 SP1、2014
Microsoft SQL Server Express edition 2008 SP3、2008 R2 SP2 および SP3、2012 SP1、2014

標準およびプロトコル
対称暗号化:AES 128 ビット、AES 256 ビット
非対称暗号化:RSA (PKCS#1)
ハッシュ機能:SHA-1、SHA-256、SHA-384、SHA-512
パスワードハッシング:PKCS #5
プロトコルおよびインターフェース:PKCS #11、PKCS #15、LDAP、Microsoft Cryptographic Service Provider (CSP)、SOAP、XML、SSL、TCG、CCID、Kerberos
PKI:PKSC #7、PKCS #12、X.509 証明書
認定
Common Criteria EAL 3+
Common Criteria EAL 4
FIPS 140-2 認可の暗号法を使用
Safenet eToken および EnCase の有効化
対応言語
SafeGuard Easy Client:日本語、英語、フランス語、ドイツ語、イタリア語、スペイン語
SafeGuard Easy Policy Editor:日本語、英語、フランス語、ドイツ語

1 これは、コンピュータに対する推奨メモリです。このメモリ領域すべてが SafeGuard Easy によって使用されるわけではありません。
これらの OS は SafeGuard Easy Client バージョン 6.00.1 (SafeGuard Easy バージョン 7.0 Policy Editor により設定) に対応しています。
3 Windows 10 には SafeGuard Easy 7.0.2 Service Release が必要です。


注:
サービスパックについて明記されていない場合は、SP 0 以上とします。

全ソフォス製品のシステム要件

 
詳細情報が必要な場合やご不明の点がある場合は、 テクニカルサポート までご連絡ください。

Rate this article

Very poor Excellent

Comments