Sophos Control Centre 4.x を Sophos Enterprise Console 5.x にアップグレードする方法

  • 文章 ID: 118053
  • 更新日: 2015 6 02

この文章では、Sophos Control Center (SCC) 4 を Enterprise Console 5.x にアップグレードする方法について説明しています。

重要:

  • Enterprise Console をインストールする前に Sophos Control Center コンポーネントをアンインストールしないでください。Control Center のコンポーネントを削除し、既存の SQL インスタンスにデータベースを接続したままにした場合、データベースのアップグレードが失敗します (表示されるエラーの内容: データベースのアップグレードに失敗しました。サポートデータベースの文章 113946 をご覧ください。)。
  • 利用可能なアップグレードのパスに関しては、Sophos Enterprise Console のアップグレード方法をご覧ください。

影響を受けるソフォス製品とバージョン
Sophos Control Center 4.1
Sophos Control Center 4.0.1
Sophos Control Center 4.0.0

説明・対策

ステップ 1 - ライセンスをアップグレードする

Sophos Control Centre をアップグレードするには、新しい製品を使用できるようにライセンスを最初にアップグレードする必要があります。ほとんどの場合、これは無償アップグレードです。ライセンスに関してのご質問は、ソフォスの営業部にお問い合わせください。  

ステップ 2 - アカウント情報にリンクさせる

新しいライセンスのアカウント情報が発行された際には、新しいアカウント情報をお客様の MySophos アカウントと関連付けて、Web サイトから Enterprise Console をダウンロードできるようにする必要があります。

  1. https://secure2.sophos.com/ja-jp/mysophos/my-account.aspx にアクセスします。
  2. お客様の MySophos アカウントにログインします。
  3. 左側のパネルから「製品認証情報を追加」を選択します。
  4. 新しいユーザー名とラインセンス番号を入力してください。

ステップ 3 - ソフトウェアをダウンロードする

ここまでで、お客様は新しいライセンスの詳細情報をお客様の MySophos のアカウント情報に関連付けたため、Enterprise Console のダウンロードセクションにアクセスできるようになりました。

  1. https://secure2.sophos.com/ja-jp/mysophos/my-account.aspx でお客様の MySophos アカウントにログインします。
  2. 「サポート」上にマウスを置き、「製品・アップデート版のダウンロード」を選択します。
  3. 新しいライセンス名を見つけ、コンソールのリストを展開します。
  4. 「Sophos Enterprise Console」の製品ラインを選択します。
  5. Enterprise Console の現行バージョンをダウンロードしてください。

ステップ 4 - Sophos Control Center をアップグレードする

ソフトウェアのダウンロードが完了すると、Center の Enterprise Console のアップグレード準備が整いました。次の YouTube の動画で説明されている手順に従って、アップグレードを実行してください。

英語以外の言語でこの動画を参照するには、ビデオウィンドウの下部にある「Playlist」をクリックします。 



 
詳細情報が必要な場合やご不明の点がある場合は、 テクニカルサポート までご連絡ください。

Rate this article

Very poor Excellent

Comments