ソフォスの OEM で IoT の真の価値を引き出す

IoT (モノのインターネット) が単なる概念の段階を超えて現実化するにつれて、新たなセキュリティ問題が引き起こされています。ソフォスのソリューションを活用することで、IoT デバイスの信頼性を確立し、保護機能を提供して、IoT (モノのインターネット) の安全なエコシステムを促進することができます。コンテキストアウェアかつ規準に準拠するソフォスのサイバーセキュリティを活用することで、デバイス、データ、および主要なプロセスを悪意のあるマルウェアコードや危険なサイバーアクティビティから保護しつつ、自信をもって IoT を導入することが可能になります。

IoT での標的型攻撃の経路

組み込まれたデバイス (例:センサー、駆動装置) | パッチ未適用のソフトウェア | システムコマンド

消費者向けコネクテッドアプリケーション

  • ウェアラブル (在宅ケアシステム、フィットネスデバイス)
  • ホームオートメーション / アプライアンス
  • インフォテインメントデバイス
  • コネクテッドカー

産業向け IoT

  • M2M スマートオブジェクト / IP アドレスを持つデバイス
  • SCADA (遠隔制御監視システム) / ICS (産業用制御システム) プラットフォーム
  • 基盤システムのモニタリング / 監視システム
  • プロセスの自動化

IoT での標的型脆弱性

  • 脆弱な認証 (例: ハードコードされたパスワード)
  • 安全でないプロトコル
  • DLP / データ保護の欠如
  • コンテキストアウェアなセキュリティの欠如
  • MES (製造実行システム) 用セキュリティ対策の欠如

ソフォスのパートナーとして IoT を保護

  • ネットワーク、エンドポイントに対応した業界トップの保護機能、およびサイバー脅威解析情報
  • メモリ利用効率の良い、クラウド対応セキュリティ
  • 高度でコンテキストアウェアな脅威解析情報で、受送信トラフィックを保護
  • SophosLabs が提供する、最高レベルの脅威追跡・解析

OEM セキュリティのリーダー企業と連携

Sophos OEM パートナーになって、ビジネスを変革。
統合や使用が簡単な OEM セキュリティテクノロジー