Server Protection

シンプルで高度なサーバー保護を実現

サーバーに特化した強力なセキュリティ対策

クラウド管理型、オンプレミス管理型の物理サーバー、仮想サーバーのいずれの環境にも対応しており、企業や組織の業務を支えるアプリケーションやデータを保護します。非常に多くの官公庁、教育機関で採用されている実績があります。Sophos Server Protection は、ランサムウェア対策やアプリケーションのホワイトリスト化をはじめ、高度なマルウェア対策、HIPS などを搭載。すべてのサーバーのセキュリティ対策を簡単に一元管理できます。

CryptoGuard

ローカルまたはリモートで実行されるランサムウェアによる暗号化をブロックし、大切な業務データが勝手に暗号化されるのを防ぎます(ロールバック機能付き)

サーバーロックダウン

ホワイトリスト化されている特定のアプリケーションと、アプリケーションに関連付けられているファイルのみ実行を許可します

Malicious Traffic Detection (MTD)

C&C サーバーとの通信を検知・ブロックします

Security Heartbeat

脅威をすばやく検出し、アクティブな感染源を特定するとともに、インシデントへの自動的な対応を行います

アプリケーションコントロール

実行を許可するアプリケーションを制限して、マルウェアの侵入口を塞ぎます

デバイスコントロール

リムーバルメディアによる感染やデータ流出を防止します

CryptoGuard - ランサムウェアをブロック

ランサムウェアが第一の保護レイヤーを潜り抜けても、CryptoGuard が導入されていれば、ランサムウェアの実行元がサーバーか、接続しているエンドポイントかにかかわらず、サーバー上のデータの不正な暗号化をブロックします。ソフォスの暗号化機能と Synchronized Security を組み合わせて利用すれば、ランサムウェアをブロックし、暗号化されたファイルを元の状態に復元するだけでなく、脅威の検出、調査、レスポンスのスピードが向上し、インシデントへの応答時間を大幅に削減します。

Synchronized Security

ソフォス独自のソリューション「Synchronized Security」は、サーバー上の Security Heartbeat™ を利用し、これまでにない画期的な脅威の検出、調査、対応を実現します。サーバーのセキュリティを念頭に設計されており、以下の特長があります。

  • サーバー、エンドポイント、ファイアウォールで脅威解析情報をリアルタイムに共有

  • 感染の可能性があるサーバーやネットワーク共有に、エンドポイントがアクセスするのを阻止、またその逆も阻止

  • わかりやすい対応策の表示、製品の相互連係による自動対応

AWS 環境のセキュリティ対策

Sophos Server Protection では、Amazon Web Services (AWS) のクラウド環境にあるサーバーを保護するほか、EC2 インスタンスの情報も詳細に把握できます。Sophos Central Server Protection を使えば、Auto-Scaling を使用した EC2 インスタンスも簡単に保護・管理が可能。サーバーは、Auto Scaling グループの一部として起動し、Sophos Server Protection のポリシーが自動的に適用されます。

Sophos for Amazon Web Services の詳細は、こちらからご覧になれます。

Sophos Server Protection は Microsoft Azure でも実行できます。 詳細はこちら



パフォーマンスとセキュリティの両立

Sophos Server Protection は、物理サーバー、仮想サーバー、オンプレミス型、クラウド型のいずれの環境においても、サーバーのパフォーマンスを保ちつつ、外部の攻撃からサーバーを防御します。

ワンクリックでサーバーロックダウン

ボタン 1つをクリックするだけで、アプリケーションをホワイトリストに自動登録し、サーバーアプリケーションを簡単にロックダウンできます。

  • オンプレミスあるいはクラウド上の Windows、Linux、UNIX サーバーを保護
  • Amazon Web Services (AWS) のクラウド環境にあるサーバーを保護するほか、詳細な情報を表示
  • 検索から除外する項目を自動検出することで、パフォーマンスを最適化し、業務でよく使用するアプリケーションへの影響を削減
  • 信頼できるアプリケーションをホワイトリスト化し、ホワイトリスト化されていないすべての実行ファイルを規定でブロック
  • 実行を許可するサーバーアプリケーションを自動的に検出、またそれらのアプリケーションのアップデートを許可するルールを作成し、管理作業を簡素化
  • ソフォスが信頼する変更を自動的に指定・管理

仮想サーバー向けセキュリティ対策をお探しですか?Sophos for Virtual Environments をお試しください。

Virtualization Security

詳しい情報はこちら

以下のバイヤーズガイドでは、サーバーとエンドポイントにおける保護機能の違いについて解説するほか、サーバーのセキュリティ対策を検討するうえでのポイントを紹介します。

簡単な導入と管理

Sophos Server Protection は、クラウド、オンプレミスのどちらの形態でも導入できます。Windows、Linux、UNIX サーバーに対応し、物理 / 仮想サーバー、オンプレミス、クラウドのいずれの管理形態でも、セットアップ、管理、メンテナンスが簡単に行えるのが大きな特徴となっています。

Sophos Cloud

エンドポイント、モバイル、ワイヤレスデバイス、メール、Web ゲートウェイのセキュリティと併せて、サーバーセキュリティの管理が、Sophos Central のコンソールで一元的に管理できます。

オンプレミス

Sophos Enterprise Control を使用してサーバーを管理します。

各種お問合せ

オンプレミス、クラウドのどちらの管理形態でも Sophos Server Protection の設定はシンプルで、簡単に管理と保守を実行できます。