Sophos Intercept X Advanced with EDR、「ITreview Grid Award 2022 Summer」のEDR(総合)部門で“Leader”を初受賞

Sophos Press Release

アンチウイルス部門(総合)では“High Performer”を再受賞

次世代サイバーセキュリティのグローバルリーダー企業である英国ソフォス (日本法人:ソフォス株式会社 東京都港区 代表取締役 中西 智行)は本日、Sophos Intercept X Advanced with EDR がアイティクラウド株式会社主催の「ITreview Grid Award 2022 Summer」( https://www.itreview.jp/award/2022_summer.html )において高い認知度や顧客満足度が認められ、「EDR(総合)」部門で“Leader”を初受賞しました。また、アンチウイルス部門(総合)では3四半期連続で“High Performer”を受賞しました。「ITreview Grid Award」は、ITreviewで投稿されたレビューを基に四半期に一度ユーザーに支持された製品を表彰する場で、2022年6月迄に掲載されたレビューの集計結果を2022 Summerとして発表しています。

Sophos Intercept X Advanced with EDRの受賞内容は、以下の通りです。

  • 「EDR(総合)」部門:“Leader”
  • 「アンチウイルス(総合)」部門:“High Performer”

「ITreview」には、Sophos Intercept X Advanced with EDRについて以下のようなユーザーレビューが寄せられています。

「ランサムウェア被害がグループ会社や自社と付き合いのある会社でも発生して、ソフトの見直しを実施しました。なるべく安価で信頼性があり、NGAV、クラウド集中管理、EDRという欲張り仕様でいろいろと探したところ、SOPHOS Intercept Xにたどりつきました。当社が求めていた、クラウドで集中管理が可能でクライアント側はエージェントをインストールするだけでよく、AIを利用したふるまい検出、EDRも備えています」(ユーザー・事業規模:300-1000人未満)

Sophos Intercept X Advanced with EDR について

Sophos Intercept X Advanced with XDRは、強力なエンドポイント検知・対応(EDR)と業界トップクラスのエンドポイント保護を統合しています。IT セキュリティ運用ならびに脅威ハンティング用に開発されたIntercept Xは、AI による分析で疑わしい振る舞いを検出・調査します。他のEDRツールとは異なり、見つけるのが困難な優秀なアナリストのスキルを複製することで、人員を増やすことなく専門知識を増やすことができます。Sophos Intercept Xの詳細は、 https://www.sophos.com/ja-jp/products/endpoint-antivirus をご覧ください。

ソフォスについて

ソフォスは、次世代型サイバーセキュリティにおいて世界をリードする企業として世界 150ヶ国以上、50万社を超える組織と数百万のコンシューマ消費者を今日の高度なサイバー脅威から保護します。ソフォスは、SophosLabs と Sophos AI からの脅威インテリジェンス機能、AI、機械学習を活用して、ユーザー、ネットワーク、エンドポイントをランサムウェア、マルウェア、エクスプロイト、フィッシング、その他さまざまなサイバー攻撃から保護するために高度な製品やサービスの幅広いポートフォリオを提供します。ソフォスは、単一の統合されたクラウドベース管理コンソールである Sophos Central を提供します。これは、適応型サイバーセキュリティエコシステムの中心的存在であり、お客様、パートナー、開発者、その他のサイバーセキュリティベンダーが利用できる豊富なオープン API のセットを活用した一元化されたデータレイクを備えています。ソフォスは、リセラーパートナー、MSP (マネージド サービス プロバイダ) を通じてソフォス製品とサービスを販売しています。ソフォス本社は英国オックスフォードにあります。詳細については www.sophos.com をご覧ください。