Sophos Intercept X Advanced for Server、 GMOグローバルサイン・ホールディングスの「WishOne byGMO」ホスティング再販サービスの新しいセキュリティ・ソリューションに採用

Sophos Press Release

次世代サイバーセキュリティのグローバルリーダー企業である英国ソフォス (日本法人:ソフォス株式会社 東京都港区 代表取締役 中西 智行)は本日、GMOグローバルサイン・ホールディングス株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長 青山 満、以下:GMOグローバルサイン・HD)が同社の「WishOne byGMO」サーバー再販サービスの新たなソリューション(https://partner.gmocloud.com/wishone/interceptx.html)として、ソフォスのサーバー向けAI搭載セキュリティ・ソフトウェアの「Sophos Intercept X Advanced for Server」が採用されたことを本日、発表しました。

この新しいセキュリティ・ソリューションは、「WishOne byGMO」サーバー再販サービス(https://partner.gmocloud.com/wishone/)を利用するGMOクラウドセールスパートナー企業向けに初期費用なし、月額750円(税込)の低価格で提供されます。当ソリューションは、Sophos Intercept X Advanced for Serverを実装していることで、当ソフトウェアが搭載するディープラーニング技術(AI)を利用した未知の脅威の検知、サーバーに対するエクスプロイト攻撃の阻止、ランサムウェアによる暗号化被害からの保護、認証情報の収集、ラテラルムーブメント、権限昇格などに使用される実環境のハッキングテクニックの阻止など、最先端の強力なサーバー向けセキュリティ対策を顧客企業にオールインワンで提供します。

このたびのSophos Intercept X Advanced for Serverの採用について、GMOグローバルサイン・HDのパートナーセールスG チーフの服部光秋氏は次のように述べています。「弊社のWishOne byGMOをご利用いただいているセールスパートナー様のサーバーを日々進化する脅威から強力に保護する、ディープラーニング技術を利用したソフォスの先進的なサーバー・セキュリティ・ソリューションを新たなセキュリティ・オプションとしてご提供することで、安心して弊社サービスをご利用いただけるようになったことを大変喜しく思っております」

Sophos Intercept X for Serverについて

Intercept X for Server は、高度な機械学習システムであるディープラーニングを使用して、シグネチャに依存せずに、既知および未知のマルウェアの両方を検出します。ディープラーニングのおかげで、Intercept X for Server はよりスマートで拡張性が高く、未知の脅威に対してさらに効果的になります。Intercept X for Server は、ディープラーニングを活用することで、従来の機械学習やシグネチャベースの検出のみを使用するセキュリティ ソリューションと比較して優れています。詳細情報は、https://www.sophos.com/ja-jp/products/server-security をご覧ください。

ソフォスについて

ソフォスは、次世代型サイバーセキュリティにおいて世界をリードする企業として世界 150ヶ国以上、50万社を超える組織と数百万のコンシューマ消費者を今日の高度なサイバー脅威から保護します。ソフォスは、SophosLabs と Sophos AI からの脅威インテリジェンス機能、AI、機械学習を活用して、ユーザー、ネットワーク、エンドポイントをランサムウェア、マルウェア、エクスプロイト、フィッシング、その他さまざまなサイバー攻撃から保護するために高度な製品やサービスの幅広いポートフォリオを提供します。ソフォスは、単一の統合されたクラウドベース管理コンソールである Sophos Central を提供します。これは、適応型サイバーセキュリティエコシステムの中心的存在であり、お客様、パートナー、開発者、その他のサイバーセキュリティベンダーが利用できる豊富なオープン API のセットを活用した一元化されたデータレイクを備えています。ソフォスは、リセラーパートナー、MSP (マネージド サービス プロバイダ) を通じてソフォス製品とサービスを販売しています。ソフォス本社は英国オックスフォードにあります。詳細については www.sophos.com をご覧ください。