ソフォス、日本国内でデータセンターの運用を開始

Sophos Press Release

新たなデータセンターを国内に開設し、日本におけるクラウドベースの統合管理プラットフォームであるSophos Central製品の需要およびデータ主権要件の高まりに対応

次世代サイバーセキュリティのグローバルリーダー企業である英国ソフォス(日本法人:ソフォス株式会社 東京都港区 代表取締役 中西 智行)は本日、2021年7月にカナダ、8月にオーストラリアのシドニーに開設したデータセンターに続いて、新たに東京にデータセンターを開設したことを発表しました。東京のデータセンターは、Amazon Web Services上で運営されます。

東京にデータセンターを開設したことで、ソフォスのローカルキャパシティが増強され、同社の先進的な次世代サイバーセキュリティ製品群をサポートするクラウドベースの統合管理プラットフォームであるSophos Centralに対するニーズの増大に対応します。これにより、あらゆる規模の国内民間企業や公的機関は国内に設置された新しいデータセンターを柔軟に活用して、Sophos Centralのデータを国内で保管・管理・利用することができます。

東京の新しいデータセンターで最初に利用できるソフォス製品およびサービスには、ソフォスのExtended Detection and Responseソリューション、エンドポイントプロテクションサーバープロテクション、暗号化、クラウドセキュリティ、およびManaged Threat Responseソリューションが含まれます。

ソフォス株式会社 代表取締役の中西 智行は次のように述べています。「ランサムウェアなどのサイバー攻撃はますます複雑化しており、修復にかかる費用も増大しています。ソフォスは、お客様やパートナーの皆様が最高水準の脅威プロテクションや検知機能、データストレージ・オプションをできる限り容易に利用いただけるよう取り組みを続けておりますが、その一環として、国内のお客様が求めているデータ主権要件にこの度ご対応できるようになりました。クラウド・コンピューティングへの急速かつ大規模な移行に伴い、自社のデータを特定の地域に保管したいと考えるお客様が増えてきておりますが、国内にデータセンターを設置することで、お客様がより安心してセキュリティー運用を実現できる環境をご提供させていただけるものと確信しております」

ソフォスについて

ソフォスは、次世代型サイバーセキュリティにおいて世界をリードする企業として世界 150ヶ国以上、50万社を超える組織と数百万のコンシューマ消費者を今日の高度なサイバー脅威から保護します。ソフォスは、SophosLabs と Sophos AI からの脅威インテリジェンス機能、AI、機械学習を活用して、ユーザー、ネットワーク、エンドポイントをランサムウェア、マルウェア、エクスプロイト、フィッシング、その他さまざまなサイバー攻撃から保護するために高度な製品やサービスの幅広いポートフォリオを提供します。ソフォスは、単一の統合されたクラウドベース管理コンソールである Sophos Central を提供します。これは、適応型サイバーセキュリティエコシステムの中心的存在であり、お客様、パートナー、開発者、その他のサイバーセキュリティベンダーが利用できる豊富なオープン API のセットを活用した一元化されたデータレイクを備えています。ソフォスは、リセラーパートナー、MSP (マネージド サービス プロバイダ) を通じてソフォス製品とサービスを販売しています。ソフォス本社は英国オックスフォードにあります。詳細については www.sophos.com をご覧ください。