コニカミノルタジャパン株式会社とソフォス株式会社、
セキュリティにおける協業を開始

Sophos Press Release

2018年12月10日
コニカミノルタジャパン株式会社
ソフォス株式会社

コニカミノルタジャパン株式会社(東京都港区、代表取締役社長:原口 淳、以下コニカミノルタジャパン)とソフォス株式会社(東京都港区、代表取締役:中西 智行、以下ソフォス)は、本日、コニカミノルタジャパンが提供する「Workplace Hub プラットフォーム」をはじめとしたセキュリティソリューションにおいて協業を開始します。

コニカミノルタ株式会社とソフォスはすでに、コニカミノルタが開発した次世代プラットフォームである「Workplace Hub」の協業をグローバルで進めております。今回「Workplace Hubプラットフォーム」の日本国内での展開に向けて、Workplace Hubとソフォスのセキュリティソリューションの連携によるセキュリティ機能の強化、およびソフォスが提供するセキュリティソリューションを活用した各種サービスの国内提供を2019年4月から開始します。

コニカミノルタジャパンは、複合機事業で培った事業資産や顧客基盤を進化させ、顧客の潜在的課題を提起し、手軽に導入可能かつセキュリティを確保した「Workplace Hubプラットフォーム」をビジネスの現場にワンストップで提供することで、中小企業の経営の抱える経営課題を共に解決し、生産性および創造性の向上を通じて国内事業の成長をサポートしていきます。

また、ソフォスは次世代セキュリティソリューションとして、先進的なディープラーニング技術をベースとしたAIを活用したエンドポイントセキュリティ「Sophos Intercept X」やネットワークセキュリティ「Sophos XG Firewall」が相互に通信することで、セキュリティの自動化を実現しています。お客様にクラウド管理型のネットワークセキュリティ、次世代型エンドポイントを順次ご提供することにより、お客様は場所・時間・運用などを気にすることなくエンタープライズ・レベルのセキュリティの保護下におかれることが可能となります。

今回のセキュリティソリューションの連携では、「Workplace Hub プラットフォーム」の従量課金、遠隔監視、遠隔保守、ストアなどの機能と、関連するサービスにソフォスのセキュリティソリューションを活用することにより、オンプレミス環境とクラウド環境を組み合わせた柔軟でありながら強固なプラットフォームの提供が可能となります。

Workplace Hub プラットフォームとは

「Workplace Hub プラットフォーム」は、コニカミノルタジャパンが独自で開発・構築・提供する「従量課金」「遠隔監視」「遠隔保守」「ストア機能」などの複合機とITサービスを統合したシステム基盤です。このプラットフォーム上で稼働するアプリケーションやサービスを「Workplace Hub Platform Ready アプリケーション」と呼び、コニカミノルタの各種販売チャネルを通じて拡販およびサービス提供をして参ります。「Workplace Hub プラットフォーム」上では、自社開発のものだけでなく、パートナー企業の開発されたアプリケーションやサービスも稼働可能です。


お問い合わせ先

お問い合わせ先:
コニカミノルタジャパン株式会社 広報・CSR推進部
E-mail:pr@fusion.bj.konicaminolta.jp
TEL:03-6311-9460

ソフォス株式会社 広報事務局
Tel: 03-6454-6930
Email: sophos@ambilogue.com

ソフォスについて

ソフォスは、次世代エンドポイントおよびネットワークセキュリティのリーダー企業であり、連携型セキュリティのパイオニアとして、エンドポイント、ネットワーク、暗号化、Web、電子メール、モバイルセキュリティソリューションを連携させ、優れた効果を発揮させる革新的なポートフォリオを開発しています。ソフォスの製品は、脅威対策やデータ流出対策のベストソリューションとして認知されており、世界約150カ国で1億ユーザー以上のお客様に採用されています。ソフォスの製品は、26,000社以上の登録パートナー企業から構成されるグローバルチャネルからのみ提供されます。ソフォスの本社は英国オックスフォードにあり、ロンドン証券取引所に上場しています(LSE: SOPH)。詳細については、www.sophos.comをご覧ください。