ソフォス、Sophos Intercept Xの早期アクセスプログラムでディープラーニング機能を提供

Sophos Press Release

本資料は2017年11月2日(現地時間)に英国オックスフォードにて発表されたプレスリリースの抄訳です。

ネットワークおよびエンドポイントセキュリティのグローバルリーダー企業である英国ソフォス (LSE: SOPH 日本法人:ソフォス株式会社 東京都港区 代表取締役 中西 智行)は、本日、同社のIntercept X早期アクセスプログラムを通じて、ディープラーニング(深層学習)機能を利用したマルウェア検出機能を提供していることを発表しました。このディープラーニング機能は、2017年2月にソフォスが買収したInvincea社の技術を使って開発されました。

2016年9月に最初に提供開始されたSophos Intercept Xは、ゼロデイマルウェアを阻止し、今日知られているすべてのエクスプロイト手法を阻止する次世代エンドポイントセキュリティ製品であり、既知および未知のランサムウェアの亜種を数秒で停止できる高度なアンチランサムウェア機能を備えています。クラウドベースの管理プラットフォームであるSophos Centralを介して運用されるSophos Intercept Xは、既存のエンドポイントセキュリティソフトウェア(他社製含む)と共存させた形でインストールすることができ、害を及ぼす前に悪意のあるコードを停止させることでエンドポイントを保護します。

ディープラーニングは、人間の能力を超えたスピード、規模、判断で予測を行うためのモデルを構築するために、人工ニューラル・ネットワークを活用する機械学習と人工知能の一つです。 Sophos Intercept Xのディープニューラルネットワークは、ファイルが悪意のあるものなのか、望ましくない可能性があるものなのか、あるいは正当なものであるのかを検出するための数億のサンプルを使ったトレーニングが施されています。ディープラーニングは、より大規模なトレーニングセット、より小さなモデル、より効果的な検出機能により、従来の機械学習アプローチより大きな効果を発揮します。

Sophos Ltd. の Enduser and Network Security グループのゼネラルマネジャー兼シニアバイスプレジデントのDan Schiappaは、次のように述べています。「WannaCryの発生時に未然に顧客を保護することで、Sophos Intercept Xの実環境における効果が実証されました。弊社は現在、ゼロデイマルウェアの検出能力水準を一層高めています。従来のマシンラーニングよりも高度な弊社のディープラーニング・システムは、トレーニングサンプルを数百万規模に拡張することができ、トレーニングプロセスの一環として観察可能な脅威環境を記憶することができます。これにより、他の製品が生み出すほどの誤検出を伴わずに、新規および今までにないマルウェアの検出結果が大幅に向上しています。これは、弊社のすべてのポートフォリオへのディープラーニング技術の実装に向けた新たな一歩となります。弊社の早期導入顧客は既にこの高度な検出機能を導入しており、Sophos Intercept Xの早期アクセスプログラムを通じて、同技術の利用が拡大しています」

アクティブハッカーの軽減、先進的なアプリケーション・ロックダウン、強化されたエクスプロイト防止などSophos Intercept Xに追加された強化機能は、同製品の早期アクセスプログラムを通じて利用できます。

Intercept X早期アクセスプログラムは、一般向けに開放されています。当プログラムおよびコミュニティに参加するには、https://community.sophos.com/products/intercept/early-access-preview/ にアクセスしてください。

マシンラーニング、ディープラーニング、および人工知能がどのようにセキュリティを向上させるかについて解説している参考資料は、Sophosのウェブサイトに掲載されています。

Sophos Intercept Xについて
Sophos Intercept Xは、ゼロデイ攻撃やエクスプロイトの未知の亜種、ステルス化された攻撃を防御し、未知のランサムウェアを前もって数秒以内に検出する高度なアンチランサムウェア機能を備えています。同製品は、脅威のパターンや攻撃のベクトル、犯罪者の動機付けなどの深い理解と連動したビッグデータ分析を行うことによって、ソフォスが基礎から設計し、開発しました。シグネチャなどの更新が不要で、キルチェーン内で悪意のある振る舞いを認識し、潜在的な攻撃を即座に阻止することができます。また、同製品は、他社のシグネチャベースのアンチウイルスソフトウェアと共存可能です。これによりエンドポイントプロテクションを強化して、悪意あるコードが実行される前に阻止できます。Sophos Intercept Xの詳細は、https://www.sophos.com/ja-jp/products/intercept-x.aspx をご覧ください。

*受賞歴のあるNaked Security Newsdesで最新のセキュリティ関連ニュースおよび考察をご覧ください。Sophosの詳細は、弊社のニュースブログ( https://news.sophos.com/en-us/ )をご覧ください。

*次世代の集中管理された無料インターネット・セキュリティ・ソフトウェアのSophos Homeを使用して、ご家庭にあるすべてのMacとPCを保護しましょう。

*ソフォスの情報は、Twitter, LinkedIn, Facebook, Spiceworks, YouTube, Google+ からもご覧いただけます。

ソフォスについて
ソフォスは、次世代エンドポイントおよびネットワークセキュリティのリーダー企業であり、連携型セキュリティのパイオニアとして、エンドポイント、ネットワーク、暗号化、Web、電子メール、モバイルセキュリティソリューションを連携させ、優れた効果を発揮させる革新的なポートフォリオを開発しています。ソフォスの製品は、脅威対策やデータ流出対策のベストソリューションとして認知されており、世界約150カ国で1億ユーザー以上のお客様に採用されています。ソフォスの製品は、26,000社以上の登録パートナー企業から構成されるグローバルチャネルからのみ提供されます。ソフォスの本社は英国オックスフォードにあり、ロンドン証券取引所に上場しています(LSE: SOPH)。詳細については、www.sophos.com をご覧ください。

報道関係のお問合せ先
ソフォス株式会社広報事務局
Tel: 03-6459-6930
Email:  sophos@ambilogue.com

以上

ソフォスについて

ソフォスは、次世代エンドポイントおよびネットワークセキュリティのリーダー企業であり、連携型セキュリティのパイオニアとして、エンドポイント、ネットワーク、暗号化、Web、電子メール、モバイルセキュリティソリューションを連携させ、優れた効果を発揮させる革新的なポートフォリオを開発しています。ソフォスの製品は、脅威対策やデータ流出対策のベストソリューションとして認知されており、世界約150カ国で1億ユーザー以上のお客様に採用されています。ソフォスの製品は、26,000社以上の登録パートナー企業から構成されるグローバルチャネルからのみ提供されます。ソフォスの本社は英国オックスフォードにあり、ロンドン証券取引所に上場しています(LSE: SOPH)。詳細については、www.sophos.comをご覧ください。