ソフォス株式会社の代表取締役に中西智行が就任

Sophos Press Release

法人向けセキュリティソリューションを提供するソフォス (本社:英国アビンドン、最高経営責任者:クリス・ヘイゲルマン) の日本法人であるソフォス株式会社 (本社:東京都港区) は、2017年 3月 20日 付けで、代表取締役に中西智行(なかにし ともゆき)が就任したことをお知らせします。

今回の人事は、ソフォスのグローバル戦略において最重要拠点のひとつである日本法人において、特にチャネルビジネスを強化し、日本の SMB 戦略を推進するためのものです。中西は、ソフォスの次世代エンドポイント製品の核となる Sophos Intercept X、XG Firewall や Sophos Central などの主力製品を基軸に、日本のセキュリティ市場へのソフォスソリューションのさらなる浸透とプレゼンスの向上を担います。

ソフォスのアジア太平洋日本地域担当のバイスプレジデント Joergen Jakobsen (JJ) は今回の人事に関して、「ソフォスは次世代セキュリティのリーダーとしてチャネルファースト戦略を推し進めており、日本市場は非常に伸びしろのある市場であると認識しています。今回、日本の代表取締役として中西氏を迎えます。中西氏は過去にも日本という非常にダイナミックな市場でチャネル中心のビジネスを開拓し、成功に導いた経験を持っています。ソフォスはエンドポイントセキュリティ、ネットワークセキュリティいずれの分野でも市場以上に成長することを目指しており、そのために改革の歩みを止めず、日本と、そして世界のお客様に次世代ソリューションを提供します」と述べています。

中西は、「ソフォスはグローバルレベルでのITセキュリティポートフォリオを有しており、その豊富な製品とチャネルファースト主義でビジネスを推進しています。日本市場はランサムウェアのような高度な攻撃と、マイナンバーなどの日本固有のセキュリティの課題に対応できる、より使いやすいソリューションを求めています。チャネルパートナーと連携して、今日こういった課題に取り組むパートナーのビジネスを支援したい」と述べています。

中西は 20年近くにわたりマイクロソフト日本法人に勤務し、新製品の市場投入を指揮したほか、SMB 部門を統括し、Office365 や Azure などクラウドビジネスの展開をリードした経験を有しています。その後 Apple Japan では法人チャネルビジネスを統括し、ソフォスに入社する前は、ネットスイート日本法人にて代表執行役社長をつとめました。 中西はカリフォルニア大学ロサンゼルス校で経済学の学士号を取得し、米国公認会計士の資格を取得しています。

ソフォスは、次世代エンドポイントおよびネットワークセキュリティのリーダー企業であり、連携型セキュリティのパイオニアとして、エンドポイント、ネットワーク、暗号化、Web、電子メール、モバイルセキュリティソリューションを連携させ、優れた効果を発揮させる革新的なポートフォリオを開発しています。ソフォスの製品は、脅威対策やデータ流出対策のベストソリューションとして認知されており、世界約150カ国で1億ユーザー以上のお客様に採用されています。ソフォスの製品は、26,000社以上の登録パートナー企業から構成されるグローバルチャネルからのみ提供されます。ソフォスの本社は英国オックスフォードにあり、ロンドン証券取引所に上場しています(LSE: SOPH)。詳細については、www.sophos.comをご覧ください。