英国ソフォス社、ガートナーのマジック・クアドラントにおいて 9 年連続でエンドポイント・プロテクション・プラットフォーム部門のリーダー評価を獲得

2月 29, 2016 Sophos Press Release

[本資料は2016年2月10日(現地時間)に英国オックスフォードにて発表されたプレスリリースの抄訳です]

英国ソフォス社(本社:英国オックスフォード、CEO:クリス・ヘイゲルマン、以下ソフォス)は、調査会社の米国ガートナー社が発行した調査レポート「Magic Quadrant for Endpoint Protection Platforms(EPP)(*)」において9年連続でリーダーの評価を獲得しました。

ガートナーは、セキュリティのライフサイクルの初期段階において、「ポリシーの設定(setting policy)」、「防止(prevention)」、「検出(detection)」、「修復(remediation)」という4段階を定義しています。これらの4段階に機能やソリューションが対応しているかどうかでエンドポイント・プロテクション・プラットフォームを提供するベンダーを評価しています。

ガートナーは本レポートにおいて次のように言及しています。「ほとんどの企業はEPP(エンドポイント・プロテクション・プラットフォーム)製品について検討する際に、その製品がWindowsだけでなく広範囲のサーバーやクライアントに対応できるかどうかに注目します。ガートナーでは、MacやiOS、Androidなど多くの種類の端末を保護・管理できる機能と、管理コンソールを通じてそれらを統合的に管理できる点を評価しました。今日では、大企業の多くが最善のEMM(エンタープライズ・モビリティ・マネジメント)製品を選択しようとしています。しかしガートナーでは、今後2年以内にはEMMの機能はEPPに組み込まれると予測しています。これはSMBの市場ではすでに起きつつあります」。ソフォスはEPPにおけるリーダー評価に加えて、2015年6月には「Gartner Magic Quadrant for Enterprise Mobility Management Suites (EMM)」のビジョナリーの評価も獲得しています。

ソフォスのEnduser Security Group担当バイスプレジデント兼ゼネラルマネージャー、Dan Schiappaは次のように述べています。「現代の脅威に対抗するには、防止・検出・修復・調査を単一のソリューションで提供する、ソフォスの次世代エンドポイントプロテクションのような先進テクノロジーが必要です。SophosLabsの研究者は、高度化されたマルウェアがますます増えるとみています。多様なマルウェアが当たり前になり、以前は知られていなかったマルウェアも増加しています。この種の脅威は、攻撃コードの実行防止、振る舞い検知が統合された製品によってのみ検知することが可能で、ソフォス製品にはこれらの機能が組み込まれています。ソフォスは9年連続で「Magic Quadrant for Endpoint Protection Platforms」のリーダー評価を受けています。これは、Security Heartbeat機能を備えたSynchronized Securityなどの業界に先駆けた戦略により、エンドポイントプロテクションを革新し続けている証しです」

ソフォスは、次世代のエンドユーザープロテクション、サーバープロテクション、ネットワークプロテクションにより、業界におけるリーダーシップを強化し、高度化する脅威からお客様を引き続き保護いたします。Dan Schiappaは次のように続けます。「ソフォスは、幅広いソリューションと深い専門技術を持つ、世界でも数少ない企業の1社です。あらゆるプラットフォームを保護することによって業界をリードしていきます」

本レポート (英語) の詳細は、こちらからご覧いただけます。
https://secure2.sophos.com/en-us/security-news-trends/reports/gartner/magic-quadrant-endpoint-protection-platforms.aspx

Magic-Quadrant(マジック・クアドラント) について

ガートナーは、ガートナーリサーチの発行物に掲載された特定のベンダー、製品またはサービスを推奨するものではありません。ガートナーリサーチの発行物は、ガートナーリサーチによる見解・評価を表したものであり、事実を表現したものではありません。ガートナーは、明示または黙示を問わず、本リサーチの商品性や特定目的への適合性を含め、一切の保証を行うものではありません。

(*)Gartner Magic Quadrant for Endpoint Protection Platforms, Peter Firstbrook, Eric Ouellet, 1st February 2016.