ソフォス、「サイバーセキュリティ月間」に対応した啓発活動を実施

2月 02, 2015 Sophos Press Release

法人向けセキュリティ・ソリューションを提供するソフォス株式会社(日本法人本社:東京都港区、代表取 締役社長:纐纈昌嗣)は、内閣サイバーセキュリティセンター(以下 NISC)が実施する 「サイバーセキュリティ月間」に対応し、各種の啓発活動を行います。

サイバーセキュリティ月間は、国民がサイバーセキュリティについての関心を高め、理解を深めることを目的に、政府機関、他の関係機関、団体などの協力の下に、2月1日から3月18日の期間、普及啓発を集中的に推進するものです。

サイバーセキュリティ月間では、「知る」「守る」「続ける」 をキャッチフレーズとして、安心・安全・便利なインターネット環境を構築するためのポイントを「知る」こと、サイバーセキュリティ上の脅威から身を「守る」こと、移り変わるサイバーセキュリティ上の脅威に対して対策を「続ける」ことを普及啓発します。

この「知る」「守る」「続ける」に対応して、ソフォスでは以下の活動を実施します。

「知る」

メールマガジンの創刊
第4のライフラインともいえるサイバーセキュリティの様々な課題についてのコラムや情報をお届けするメールマガジン「Sophos EYE」を配信開始します。

各種情報発信ツールを使った啓発活動の継続

「守る」

無償でご使用いただけるツールの提供

「続ける」

セキュリティ対策を簡単に「続ける」ことができるよう、弊社は上記の啓蒙活動、情報の公開、無償ツールの提供を「続ける」ことで支援いたします。

関連情報

「サイバーセキュリティ月間」については、NISC の Web サイトをご覧ください。
http://www.nisc.go.jp/security-site/