ソフォス CEO からのメッセージ

2012年 9月 21日

お客様およびパートナー様、

お客様やパートナー様の協力を得て、ソフォスでは社員全員が総力をあげ、Shh/Updater-B の誤検知によるアープデート不能の問題に取り組んでいます。この問題によって影響を受けた方々に、心より深くお詫び申し上げます。

ソフォス全社の最優先課題は、影響を受けたすべてのお客様のあらゆるシステムが正常に戻り、以前の生産性と通常の保護対策を取り戻すことです。目的が達成されるまで、ソフォスでは、Abingdon (英国)、ボストン、Karlsruhe (ドイツ)、 マドリッド、ミラノ、パリ、シンガポール、シドニー、東京、バンクーバー、Wiesbaden (ドイツ)、その他世界各都市におけるサポートセンターで、電話によるサポートを最大限に拡張して受け付けています。あらゆるお客様の問題ができる限り迅速に解決されるよう、ソフォス社員は休日や休暇を返上し、あらゆる限りの努力を注ぎこんで対処しています。これらの問題の解決にご協力くださったお客様、パトナー様、そしてソフォス社員に、深く感謝の意を表します。この問題に対し、お客様、パートナー様、および社員一同から示された協力と支援には、感謝し尽くせない想いです。

テクニカルサポートへの通話数は、次第に減少し始め、話し中の待ち時間も短くなってきておりますが、電話によるサポートをお求めのお客様はまだ多くいらっしゃると理解しております。中には、ソフォスに連絡できないお客様もいることと存じます。待ち時間をできるだけ短くするために、ソフォスではあらゆることを行っています。 ソフォスのサポートチームは、お客様の問題が速やかに解決できるよう、できる限りのお手伝いを提供するつもりです。

また同時に、お役に立つオンラインでのツールとリソースを提供し続けています。ソフォスでは、サポートデータベースの文章を定期的に更新し続け、エンジニアリングチームが開発した様々な診断・修復ツールをリリースしています。 効果的で効率的な修復に役立つ情報を提供できるよう、さらなるツール、ビデオ、リソースの作成に全力を注いでいます。影響を受けた多くのお客様が、提供された情報を利用して、この問題から回復できたことを報告しています。ご参考までに、最新の技術情報が入手できるサイトをご紹介します:
http://www.sophos.com/ja-jp/support/knowledgebase/118311.aspx.

創立以来過去 25年の間、ソフォスでは、このような事態に直面したことがなく、この問題の迅速な解決に、あらゆる努力をいたしております。お客様へのできる限りの手助けにより、この深刻な状況を乗り越えて回復した後、この問題の根本的な原因について分析を行い、お客様にその詳細と今後の再発防止策について説明させていただく予定です。お客様の暖かいご支援とご理解に心から感謝しております。

ソフォスを代表して、この問題がお客様にかけたご迷惑を、再度お詫び申しあげます。このような状況は、ITセキュリティ業界に限ったことではなく、企業として、このような状況にどのように対処できるかが、信頼回復の鍵を担うと信じております。ソフォスは総力をあげて、お客様の信頼を引き続き確保できるよう、あらゆる努力をしていく次第です。

敬具

Kris Hagerman
CEO、ソフォス