Sophos Partner Conference へようこそ
こちらはオンデマンドイベントです。現在すべてのセッションが利用可能です。以下にあるセッションをクリックし再生ボタンを押すとビデオが開始します。もしくはソフォスパートナープログラムの詳細ついては、こちらをご覧ください。

基調講演のセッションを今すぐ視聴 (日本語字幕)

ブレイクアウトセッションを今すぐ視聴 (英語)

ビジネス

MSP Connect

マネージド セキュリティ サービスの拡大

MSP プログラムに関する最新情報と、主要製品のロードマップの更新について説明します。

アクセスするには、パートナーポータルのログインが必要です。

microphoneScott Barlow
info

ソフォスのグローバル MSP 部門統括責任者、Scott Barlow は、重要な MSP プログラムと製品ロードマップの更新を提供し、マネージド セキュリティ サービスを販売するためのいくつかのテクニックについて説明します。

製品名

XG Firewall の画期的な機能

差別化、問題解決、および成功

XG Firewall (v18 を含む) の最新機能、および XG Firewall と Sophos Centralの今後の展望について説明します。

microphoneChris McCormack
info

こちらのセッションに参加すると、v18 を含む XG Firewall の最新機能、Sophos Central の管理とレポート機能、MTR 統合について学習できます。これらの画期的な機能で、お客様を差別化、顧客の主要な問題の解決、および成功へ導く方法について焦点を当てます。また、AWS のサポート、および XG Firewall と Sophos Central の今後の展望についても説明します。

Intercept X の画期的な機能

保護、検出、対応、および成功

Intercept X 製品群の画期的な新機能と EDR の将来について説明します。

microphoneSeth Geftic
info

このセッションでは、エンドポイント、EDR、サーバープロテクション、モバイルセキュリティなど、Intercept X 製品群の画期的な新機能について説明します。また、注目を集めるエンドポイント、検出、および対応を基にした EDR の次のバージョンに重点を置きながら、今後訪れる最新リリースについても説明します。

このセッションに参加すると、次のことを学習できます。

  • セキュリティバイヤーに反響のあるユースケース
  • エンドポイント、サーバー、モバイル、 EDR の最新リリースの概要
  • ソフォスの EDR 戦略を含む製品ロードマップの詳細

Managed Threat Response で勝利

脅威ハンティングと対応サービスを販売する方法

脅威ハンティングとは何か、それを顧客へどのように販売するかを明確に理解します。

microphoneEric Kokonas
info

過去 10 年では、APT (持続的標的型攻撃) は検出を免れる能力や最新のセキュリティ制御が整っている組織に侵入する能力があることから、最大の懸念事項でした。従来の防御的な取り組みでは、APT を阻止する能力にかけているエンドポイントを保護するためにセキュリティ境界で防御し、ウイルス対策を展開することに重点を置いていました。高度な攻撃者に対抗する必要性を認識することで、セキュリティツールと優秀な人間の専門知識を組み合わせた新しいソリューションである MDR (Managed Detection and Response) が登場しました。

ソフォスの MDR サービス、 MTR (Managed Threat Response) とは、脅威ハンティング、検出、対応機能を年中無休でソフォスの専門家チームより提供するフルマネージド型サービスです。(ご注意、現時点では英語による対応となります。)このセッションで、Sophos MTR のようなマネージドサービスが存在する理由、それによって解決される顧客の問題、また、このサービスがどのように機能して最も高度な攻撃者に対抗するかについて明確に理解できるようになります。

クラウドの保護

あらゆる場所にあるアプリケーションとデータを保護

クラウド内のデータを保護するための新たな課題とソリューションを見ていきます。

microphoneRichard Beckett
info

最近の注目度の高いインシデントでは、サイバー攻撃がどのようにして以前にも増してクラウドに移行し、保護、チームの責任、クラウドのセキュリティの知識のギャップを利用しているかを浮き彫りにします。

クラウドプロバイダーとのセキュリティの責任共有を完全に理解すること、およびソフォスのソリューションがすべてのクラウドでユーザー、アプリケーション、データをどのように保護するかが今まで以上に重要になっています。

MTR と MDR の比較

競争力の激しい業界を理解

ソフォスの MTR (Managed Threat Response) サービスが他社のサービスよりも際立っている理由をご覧ください。

アクセスするには、パートナーポータルのログインが必要です。

microphoneMaxim Weinstein
info

ガートナー社が 2016 年に新たなカテゴリーとして MDR (Managed Detection and response) を初めて作成して以来、MDR プロバイダーとしての地位を築くベンダーの数は急増しています。純粋な MDR、 Managed EDR、 MSSP、 アウトソースの SOC、THaaS (Threat Hunting-as-a-Service) のプロバイダー間で、競合相手を他の相手から切り離すこと簡単な作業ではありません。

このセッションでは、MDR の競争力の激しい業界の説明、主な機能や特性の評価、そしてソフォスの MTR (Managed Threat Response) サービスが他社よりも際立っている重要な差別化要因について説明します。

EDR (Endpoint Detection and Response) の今後の展望

行動から未来を予測

Live Discover や Live Response など、EDR の最新機能の詳細をご覧ください。

microphoneKarl Ackerman
info

プリンシパル プロダクト マネージャー、Karl Ackerman のビデオで、アーリー アクセス プログラムで現在利用可能な Intercept X 用の新しい強力な EDR (Endpoint Detection and Response) の機能をご確認ください。これらの新しい機能では、定義済みで自由にカスタマイズ可能な SQL クエリ を使用して、組織全体の詳細な脅威ハンティングおよび IT のセキュリティチェックや管理ができます。Live Discover のライブデモをご覧いただくと、ほとんどすべての質問に対するデータを検索し、正確に回答することができます。

Sophos API

自動化、統合、対応の方法

このテクニカル概要では、Sophos API がどのようにしてお客様とパートナー様に付加価値と利便性を提供するかを説明します。

microphoneAaron Bugal
info

Sophos Central API をすぐに使い始める方法、およびこれらの API がパートナー様の顧客にどのように付加価値をもたらすかについて説明します。ソフォスの Partner ダッシュボード、Enterprise ダッシュボード、および顧客 API のテクニカル概要について説明します。テナントの列挙、新規テナントの作成の自動化、アラートの検索と処理、顧客のエンドポイントとサーバーと対話を行う方法をすべて Sophos Central を使用せずに学習します。

サイバーセキュリティの進化

CaaS (Cybersecurity as a System) の販売

お客様のユースケースを聞き、CaaS (Cybersecurity as a System) の利点と長所を確認してください。

microphoneMarty Ward
info

最新の販売戦略とベストプラクティスを使用して、ソフォスで成功する方法を説明します。ハッカーや脅威は絶えず高度になっているため、サイバーセキュリティを進化させ、対応、思考、改善が自らできるサイバーセキュリティシステムを開発し、予測性と適応性を高めていきます。お客様のユースケースについて説明し、お客様と見込み顧客の両方に CaaS (Cybersecurity as a System) の販売のビジネスの利点と TCO の長所を説明します。

TCO を使用して Microsoft Defender の先を行く

組み込みセキュリティとの競合

MS ライセンスに含まれるセキュリティが「十分」かどうかをお客様から尋ねられた場合の対応方法について説明します。

アクセスするには、パートナーポータルのログインが必要です。

microphoneMaxim Weinstein
info

ウイルス対策は Windows オペレーティングシステムに含まれており、マイクロソフトはクロスプラットフォーム EDR を追加料金で提供しています。これにより、サードパーティのエンドポイント保護でコストを削減する必要があるかどうかを疑問に思うお客様が増えています。このセッションでは、 Sophos Intercept X がマイクロソフトのソリューションよりも優れた保護を実際のコストを抑えて提供し、TCO (総所有コスト) の削減につながることを説明します。

サイバーセキュリティ

脅威ハンターの洞察

実際の攻撃とそれを阻止する方法

MSP が攻撃の標的になっている理由、攻撃の発生方法、攻撃に対抗する方法について説明します。

microphonePeter MacKenzie
info

ソフォスのインシデント レスポンス マネージャー、Peter MacKenzie がパートナーが直面する脅威、特に MSP が標的とされる理由、および攻撃の発生方法について説明します。機械ではなく攻撃者と戦う方法を学べるよう、Sophos MTR がその場で攻撃を阻止する方法を Peter が実際の例で示します。

今日のサイバーセキュリティ問題のトップ 5

お客様のニーズを理解し、解決

組織が直面している上位 5 つの問題と、ソフォスがそれらの問題をどのように解決できるかについて説明します。

microphoneSally Adam
info

顧客は多くのセキュリティの課題に直面していますが、優先対応リストの上位に挙げられるのはどれでしょうか。5,000 人の IT 管理者を対象とした世界各地の調査データを使用して、2020 年に IT 部門が直面しているサイバーセキュリティ問題の上位 5 つを調査します。また、各課題に対処するためにどのソフォスのソリューションを提案するかについても検討します。これにより、お客様の最大のニーズに対応する最適なソリューションを確実に提供できるようになります。

ハッキングは新しいマルウェア

ランサムウェアが未だに報道される理由

ハッキングとエンタープライズランサムウェアの動向、および組織を守る方法について説明します。

microphoneGreg Iddon
info

毎日、毎週、企業がランサムウェアやマルウェアの攻撃に屈服した後、ニュースのヘッドラインで話題を集めています。しかし、バッドウェアは常に注目を集めていますが、その舞台裏ではさらに注目すべきトレンドがあります。

過去 12 カ月のうちほとんどすべての大規模なランサムウェアの発生において、ハッカーが責任を負うべきです。ランサムウェアは、ネットワーク内に数週間または数か月潜伏していたハッカーの単なる最終段階の攻撃に過ぎません。

このセッションに参加すると、次のことを学習できます。

  • ハッキングとエンタープライズランサムウェアの動向と上昇
  • ハッカーが標的を無差別に見つけるために使用している手法
  • ソフォスがハッキングとエンタープライズランサムウェアを阻止する方法
  • 自分自身と組織をより適切に保護するためのベストプラクティスとヒント

ハッカーが考えていること

戦術、テクニック、手順

新たな攻撃手法、対応策、脅威を無効化する方法について重要な洞察を学ぶことができます。

microphoneMat Gangwer
info

皮肉に思えるかもしれませんが、自動化によって技術的な能力が高まるにつれて、サイバー攻撃の成功はますます人間の操作に頼るようになります。

完全に自動化されたサイバー攻撃は、高度なエンドポイント保護を使用して阻止することが容易になりました。しかし一方では、初期段階で自動化を使用して組織内に密かに足場を確立し、その後、人間のオペレーターに移行して次のステップを実行する攻撃が増加しています。攻撃者は、ゆっくりと、入念に、非常に正確に、システムに侵入し、検出を回避し、認証情報やデータを盗み、組織内で作業を継続するためにセキュリティコントロールをこっそりと変更することができます。完全に自動化されたマルウェア攻撃がウィンドウ破り型 (侵入し、検出される前にすばやく逃げる) だと考えると、「自動化されたアクティブ攻撃」はダニー・オーシャン (有名な詐欺師) レベルの攻撃です。

このセッションでは、技術的なセキュリティ管理を回避するために設計された脅威を検出して無効化するための、新たな攻撃手法、実証済みの対応策、主な戦略に関する重要な洞察を共有します。

ご視聴ありがとうございました。Sophos Evolve 2020 のセッションがお役に立てましたら幸いです。
プレゼンターに質問がある場合は、Evolve 2020 Q&A に送信してください。担当者より追ってご連絡いたします。