Sophos Central への移行

Sophos Enterprise Console で Sophos Endpoint Protection を管理しているお客様は、Sophos Central への移行を検討してみてはいかがでしょうか。Sophos Central は、ソフォスの製品群を 1カ所から一元的に管理できる統合管理コンソールであり、また Intercept X が利用できるのは Sophos Central のみです。移行後は、自社内にセキュリティ管理サーバーを置く必要もなくなります。




Sophos Enterprise Console によるエンドポイント保護機能の管理を Sophos Central に移行することによって、以下のメリットが得られます。

時間と経費を節減 - 管理サーバーの保守とアップデートが不要

よりシンプルな管理 - ユーザーベースでポリシーを適用し、Web ベースのインターフェースから一目で状況を確認可能

オンプレミス版と同等のセキュリティ機能 - 現在ご利用のソリューションと同じ次世代型エンドポイント保護対策を自社サーバーではなくクラウド上で管理

常に最新の機能でお客様のビジネスの成長をサポート - Intercept X、デバイス暗号化、モバイルセキュリティなど、最新機能や製品に即座にアクセスして、単一のコンソールから一元管理可能