ボットネット

保護された状態を維持するには

ボットネットに加担しないために

IoT (Internet of Things) の急速な拡大に伴って、自宅の玄関のインターフォン、冷蔵庫、電子レンジまでもがハッキングされ、ボットネットに強制加入させられる危険性が高まっています。

しかし、危険にさらされているのはホームユーザーだけではありません。攻撃者は組織ごとにカスタマイズしたマルウェアを使用して、ネットワークに侵入し、悪意のあるボットネットにサーバーやデバイスを追加することを狙っています。

 

ボットネットの仕組み

Twitter、CNN、Netflix などをサービス停止に追い込んだ 2016 年の Mirai は、ボットネット攻撃の歴史の中で最大規模のものでした。

これほど大規模な攻撃はどのように実行されるのでしょうか。感染はどのように始まるのでしょうか。何よりも、どうすれば組織を安全な状態に保つことができるのでしょうか。

防御の最前線は、次世代型ファイアウォールです。

ドキュメントを読む

解決策は

Sophos XG Firewall の導入

XG Firewall には、ネットワークをボットネットから保護する高度な機能が多数搭載されています。

ボットネットマルウェアに
足がかりを作らせない

複雑な多段式攻撃を
ブロックする

感染したシステムを
自動的に特定し隔離する

技術的な詳細情報を確認しよう

SophosLabs では Betabot (別名 Neurevt) ボットネットの徹底調査を行いました。その機能を検証するとともに、設定データを抽出・復号化する方法、およびボットと C&C サーバー間の通信をデコードする方法を解説しています。

ドキュメントを読む