MS13-106 - Vulnerability in a Microsoft Office Shared Component Could Allow Security Feature Bypass (2905238)

ハイライト表示されている用語の説明は、クリックして表示できます。詳細は、テクニカルサポートにお問い合わせください。

詳細
脆弱性名/概要 MS13-106 - Vulnerability in a Microsoft Office Shared Component Could Allow Security Feature Bypass (2905238)
CVE/CAN 名
ベンダーによる深刻度 Important
ソフォスラボによる深刻度 Medium
対応策 MS13-106
べンダーによる説明 This security update resolves one publicly disclosed vulnerability in a Microsoft Office shared component that is currently being exploited. The vulnerability could allow security feature bypass if a user views a specially crafted webpage in a web browser capable of instantiating COM components, such as Internet Explorer. In a web-browsing attack scenario, an attacker who successfully exploited this vulnerability could bypass the ASLR security feature, which helps protect users from a broad class of vulnerabilities. The security feature bypass by itself does not allow arbitrary code execution. However, an attacker could use this ASLR bypass vulnerability in conjunction with another vulnerability, such as a remote code execution vulnerability that could take advantage of the ASLR bypass to run arbitrary code. The security update addresses the vulnerability by helping to ensure that the Microsoft Office shared component properly implements ASLR.
ソフォスラボからのコメント A specific Microsoft Office shared component is vulnerable to attack as it was not built to implement the ASLR security feature. As a result, an attacker can more reliably predict memory offsets of specific instructions in a given call stack. As Microsoft Office is a common software package, SophosLabs strongly urges users to apply the update as soon as it is available.
ソフォスラボのテスト結果 ソフォスラボのテスト結果が見つかりませんでした
確認された攻撃例 確認された攻撃例が見つかりませんでした
この脆弱性を悪用した最初の攻撃の確認日 この脆弱性を悪用した攻撃が見つかりませんでした
発見日 2013 12 10
影響を受けるソフトウェア
Microsoft Office 2007 Service Pack 3
Microsoft Office 2010 Service Pack 1 (32-bit editions)
Microsoft Office 2010 Service Pack 2 (32-bit editions)
Microsoft Office 2010 Service Pack 1 (64-bit editions)
Microsoft Office 2010 Service Pack 2 (64-bit editions)
参照
情報提供など
  • MAPP
更新情報
  • December 10, 2013 - Initial Revision Written

用語の説明

脆弱性名/概要:

ベンダーによる識別番号、攻撃タイプに関する簡単な説明

CVE/CAN 名:

現在指定されている CVE 名 (リンク先英語)。CVE 名が存在しない場合、CVE が割り当てられるまで CAN 名が使用されます。

ベンダーによる深刻度:

ベンダーが評価した深刻度

ソフォスラボによる深刻度:

ソフォスラボが評価した深刻度

  • 低 - 脆弱性がマルウェアによって悪用される可能性は低い
  • 中 - 脆弱性がマルウェアによって悪用される可能性がある
  • 高 - 脆弱性がマルウェアによって悪用される可能性は高い
  • 緊急 - ほぼ確実に脆弱性がマルウェアによって悪用される可能性がある

対応策:

ベンダーによって公開されているセキュリティ更新プログラムの番号や、対応策 (該当する場合)

ベンダーによる説明:

ベンダーが公開した脆弱性の原因や、その影響の概要

ソフォスラボからのコメント:

ソフォスラボの見解と当該の脆弱性に関する確認情報

ソフォスラボのテスト結果:

完了済みラボテストの詳細結果 (該当する場合)。ラボのテスト環境は、一般的なユーザー環境と大幅に異なる場合があることにご注意ください。

確認された攻撃例:

現在確認されている当該の脆弱性を悪用した攻撃の識別番号リスト (該当する場合)

この脆弱性を悪用した最初の攻撃の確認日:

ソフォスラボがこの脆弱性を悪用したサンプルを最初に入手した日付

発見日:

勧告が一般に公開された最初の日付

影響を受けるソフトウェア

攻撃の対象になる可能性のあるプラットフォーム、およびソフトウェアのバージョン