Security Threat Report 2014

ソフォスセキュリティ脅威レポート (2014)

高度化とステルス化が進むマルウェア

脅威レポート 2014 のダウンロード

昨年のソフォスの脅威レポートの発行以降、マルウェアとそれに関連する IT セキュリティの脅威はさらに増大し巧妙化しています。サイバー犯罪者は、インターネットの闇の側面を悪用してさらに巧妙に脅威をカモフラージュし、高度化・ステルス化された新たなマルウェアを作成しています。

プレスキット2014年の動向予測

Windows: 修正プログラム未適用のシステムへの危険性

2014年 4月からマイクロソフト社は Windows XP および Office 2003 に対して新しい修正パッチを提供しなくなります。一方、Windows の修正プログラムの適用は、店舗の販売情報管理 (POS) システムや医療機器などの分野で重要な問題となっています。

Web ベースのマルウェア: より高度に多様な形式で潜伏

危険性が高く検出が困難な Darkleech による Web サーバー攻撃や、ドライブバイダウンロードで脆弱な Web ユーザーを攻撃対象にする Redkit などが登場してきています。

最新の最も高度な攻撃への対策

マルウェアの攻撃は常に複雑化し検出が困難になるため、セキュリティベンダーは優れた情報・対応策を柔軟かつ迅速に提供する必要があります。SophosLabs は最新の脅威情報・対策をお客様に提供しています。

SophosLabs 脅威解析

SophosLabs テクニカルペーパー (英語)

SophosLabs の情報ページ

Twitter - Facebook - Naked Security