Sophos Anti-Virus for Windows 2000+: Application Control の概要

  • 文章 ID: 17142
  • 更新日: 2014 3 25

Application Control の使用により、ネットワーク管理者は、特定の正規のコンシューマ向けアプリケーションが、職場のコンピュータで稼動するのを阻止することができます。

一般に、Application Control は、セキュリティ脅威ではないが職場環境で使用するにはふさわしくないアプリケーション、たとえばゲームやインスタントメッセージ プログラムのようなアプリケーションを、ユーザーが実行するのを阻止するために使用されます。

Application Control に関する企業ポリシーに従い、必要とされるアプリケーションを認証する一方で、不必要なアプリケーションを阻止できます。

Application Control が可能なソフォス製品

Sophos Anti-Virus for Windows 2000以降 バージョン 7 以降には Application Control が含まれています。

Application Control のネットワークへのデプロイ方法

ソフォスでは、Application Control をネットワークに段階的にデプロイすることをお勧めしています。これにより、以下の事が可能です。

  • 特定のアプリケーションをブロックすることによるシステムへの影響を査定する
  • .ユーザーの作業に与える支障を軽減する
  • アプリケーション管理ポリシーがユーザーに与える影響についてユーザーの理解を深める。これにより、使えなくなったアプリケーションに関するユーザーからの問い合わせが最小限に抑えられ、社内の IT ヘルプデスクの負担軽減につながります。

段階的なロールアウト方法については、Sophos Anti-Virus for Windows 2000+: Application Control ロールアウトガイドライン (英語) をご覧ください。

最新の定義ファイルの入手方法

ソフォスでは、新規の管理されるアプリケーションの定義ファイルが、Sophos Anti-Virus + Application Control パッケージに追加される以前に、その事前通知を行っています。:定義ファイルのリストは、以下の場所に掲載されています。

ソフォスでは次の事をお勧めしています。

  • 毎月のアプリケーション管理の実行手順を確立し、新規に追加されたアプリケーションを効率的に管理する

Application Control はアプリケーションを自動的に削除するのか?

Application Control のある Sophos Anti-Virus が、リストに載っているアプリケーションを検出した場合、検出したアプリケーションを認証、またはブロックすることが可能です。Sophos Anti-Virus を使用してアプリケーションを削除することはできません。

アプリケーションを削除するには、一時的にアプリケーション用のオンアクセス検索を無効にし、既存のアンインストーラを使用しながら、通常の方法でアンインストールします。または、「Windows コントロール パネル」にある「Windows アプリケーションの追加と削除」を使用します。

関連記事:

アプリケーションのブロック方法 

ご意見・ご報告ありがとうございました。

 
詳細情報が必要な場合やご不明の点がある場合は、 テクニカルサポート までご連絡ください。

Rate this article

Very poor Excellent

Comments