Sophos Anti-Virus for Mac v8、製品サポート終了と v9 へのアップグレード

  • 文章 ID: 120596
  • 更新日: 2014 5 20

この文章では、 2014年 4月 30日に製品サポートが終了した Sophos Anti-Virus (SAV) for Mac のバージョン 8 に関する今後数か月間の動向の詳細を記載しています。

影響を受けるソフォス製品とバージョン

Sophos Endpoint Security and Control

OS
Mac OS X  すべてのバージョン 

セットアップ別に異なる対処方法

お客様のシステムのセットアップによって、必要な対処法は異なります。お客様のセットアップに該当するセクションを以下から選んで参照してください。

ソフォスのライセンスの詳細と利用可能なサブスクリプションが複数または 1つであるかについては、次の文書をご覧ください。 

管理型のエンドポイントを使用して複数のサブスクリプションを利用している

Sophos Enterprise Console (SEC) で複数のサブスクリプションに対応したライセンスを使用している場合、SAV for Mac v8 と v9 の両方の利用が可能であるため、可能であれば、すべての Mac エンドポイントをできるだけ早期に v9 にアップグレードしてください。

重要:OS X 10.4 および 10.5 はバージョン 9 ではサポートされておらず、OS X 10.4 および 10.5 は2014年 4月末以降は完全にはサポートされなくなります (バージョン 8 の一部のサブスクリプションは 2014年 7月まで残ります)。OS X 10.4 および 10.5 を使用しているエンドポイントに引き続き保護対策を適用するには、OS X をできるだけ早期にアップグレードしていただく必要があります。

2014年 6月からはソフォスは現在の V8 “Recommended” サブスクリプションを V9 Recommended に再登録し、7月には “Previous” および “Oldest” を V9 のサブスクリプションにします。

OS X 10.4 または 10.5 を実行しているすべてのエンドポイントは、これらの OS X のバージョンがソフォスと v9 の製品ではサポートされていないため、アップデートされずに v8 のままで残されてしまいます。

管理型のエンドポイントを使用して単一のサブスクリプションを利用している

単一のバージョンのみを利用するライセンスを実行している場合、すべての v8 のエンドポイントは 2014年 5月末までに v9 にアップグレードされます。

OS X 10.4 または 10.5 を実行しているすべてのエンドポイントは、これらの OS X のバージョンがソフォスと v9 の製品ではサポートされていないため、アップデートされずに v8 のままで残されてしまいます。

スタンドアロンインストールまたは SAV for Mac Home Edition を使用している

v8 の製品サポート終了後の 2014年 5月の間に、ソフォスは v8 を実行しているすべてのエンドポイントを v9 に移行します。

OS X 10.4 または 10.5 を実行しているすべてのエンドポイントは、これらの OS X のバージョンがソフォスと v9 の製品ではサポートされていないため、アップデートされずに v8 のままで残されてしまいます。

注: OS X 10.4 および 10.5 で SAV v8 を実行しているすべてのエンドポイントは、v8 が製品サポート終了後はアップデートに失敗し、アップデートログにも v8 はサポート対応が終了していることが表示されます。

 

 

 
詳細情報が必要な場合やご不明の点がある場合は、 テクニカルサポート までご連絡ください。

Rate this article

Very poor Excellent

Comments