2013年 11月にリリースされる新しいバージョンの Sophos Update Manager

  • 文章 ID: 119960
  • 更新日: 2013 12 13

最善の保護対策をお客様に提供するために、ソフォスでは Sophos Update Manager for Windows のアップグレードを行わせていただくことになりました。これによって、お客様に引き続き最新のセキュリティアップデートを提供できることになります。

11月に行われる Sophos Update Manager (SUM) のバージョン 1.5 のリリースの一部として、Enterprise Console の管理者は本ページへのリンクを含んだ Sophos Messenger の警告を受け取ります。

  • お客様が SUM の '1 Recommended' バージョンに登録している場合、2013年 11月にバージョン 1.5 に自動的にアップデートされます。
  • お客様が SUM の '1 Recommended' バージョンに登録していない場合、2014年 1月にバージョン 1.5 に自動的にアップデートされます。

注: このアップグレードではコンピュータの再起動が要求される場合があります。

SUM のデフォルトの設定では、自動的にアップデートを行うように設定されています。お客様が SUM が固定バージョンを使用するように手動で設定している場合 (SuM 設定の「詳細設定」タブの下で設定)、アップグレードを自分で制御できるようにするために 2014年 1月の前に '1 Recommended' に設定しておくことをお勧めします。

この文章では、現在のバージョンの確認方法と必要に応じて '1 Recommended' のバージョンに変更する手順を説明しています。

影響を受けるソフォス製品とバージョン

Sophos Update Manager

説明・対策

  1. Enterprise Console を開きます。
  2. アップデートマネージャのビューに切り替えます。お客様の各サーバー上で実行されている SUM のバージョンが表示されます。
  3. 各 SUM に関して、コンピュータ名をダブルクリックすると「アップデートマネージャの環境設定」のダイアログが表示されます。
  4. 「詳細設定」タブを選択して、ドロップダウンリストから選択されている値を確認します。

  5. 表示されている値について以下の内容を確認します。
    • お客様のすべての SUM に '1 Recommended' が (上記のスクリーンショットのように) 表示されている場合、特に対処する必要はありません。
    • '1 Recommended' 以外の項目が表示されている場合、以前に 1つまだは複数の SUM を固定バージョンに設定していたことを示しています。次のいずれかの操作を行ってください。
      • すべての SUM の値を '1 Recommended' に変更して、バージョン 1.5 がリリースされた際には自動的にすべてがアップグレードされるようにします。
      • 選択されている固定バージョンをそのままにしておきます。この場合、SUM はその固定バージョンのままになりますが、2014年 1月には自動的にアップグレードされます。

 
詳細情報が必要な場合やご不明の点がある場合は、 テクニカルサポート までご連絡ください。

Rate this article

Very poor Excellent

Comments