勧告: Windows 8.1 および Windows Server 2012 R2 - ソフォス製品へのサポート対応

  • 文章 ID: 119957
  • 更新日: 2014 2 27

この文章では、Windows 8.1 および Windows Server 2012 R2 へのソフォス製品のサポート対応内容の詳細をリリース時のサポート内容から今年の後半に追加するサポート内容も含めて説明しています。

影響を受けるソフォス製品とバージョン

Sophos UTM
Sophos Endpoint Security and Control
Sophos Endpoint Security
Sophos Cloud Managed Endpoint

OS
Windows 8.1
Windows Server 2012 R2

Windows 8.1 のリリース

マイクロソフト社によって Windows 8.1 が 2013年 10月 18日にリリースされ、Windows Update から無償でダウンロードできます。 

現在ソフォスでは、ソフォスのエンドポイント製品と共に Windows 8 をサポートしており、また、Windows 8 でのソフォスファイアウォールのサポートも追加する予定です。これらの製品は、Windows 8.1 上で引き続き作動しますが、マイクロソフト社 Internet Explorer (IE) v.11 内で行う変更が Web 経由の脅威に対する保護機能に影響を与える可能性がある点にご注意ください。

IE の拡張保護モードに関する重要な注意事項

  1. Windows 8 では、Internet Explorer の設定に「拡張保護モード」という設定があり、Windows 8 でのデフォルトの設定では無効に設定されています。Windows 8 コンピュータ上でこれが有効に設定された場合、ソフォスの Web 保護機能は機能しなくなります。ソフォスの Web フィルタリングで提供される保護機能は、保護モードによって提供される保護対策よりも優れているため、大半のお客様はこの保護モードを無効のままにしています。ただし、IE 11 でマイクロソフト社はこの機能をデフォルトで有効に設定しています。このため、お客様がソフォス製品を Windows 8.1 OS 上にインストールしている場合、ソフォスの Web フィルタリング機能を使用するためには IE の保護モードを無効にする必要があります。

  2. お客様が Windows 8 から Windows 8.1 にアップグレードを行った場合、IE のバージョンが 11 に変更される際に拡張保護モードが有効に設定され、お客様の IE に関する以前の設定は変更されます。ソフォスによる Web フィルタリング機能による保護機能を引き続き使用するためには、Windows 8.1 へのアップグレード後に拡張保護モードを無効に設定し直す必要があります。

今年の後半にソフォスが Windows のエンドポイント製品用にリリースするアップデートによって、拡張保護モードの設定に関係なく Web フィルタリング機能が Windows 8.1 および Windows Server 2012 R2 の両方で機能するようになる予定です。

Windows Server 2012 R2 のリリース

2013年 10月 18日に Windows Server 2012 R2 もリリースされ、こちらも拡張保護モードがデフォルトで有効に設定されますが、サーバー上で Web ブラウジングを行うお客様はあまり多くない可能性はあります。しかし、最適な保護対策を維持するためにも、この変更による影響を確認し、必要に応じて設定の調整を行ってください。 

SAV の配布・インストールに関連する情報

マイクロソフトの行った変更によって、10月 18日に行われる初期リリースの後には、デフォルト設定のままでは SEC (Sophos Enterprise Console) のコンピュータの保護ウィザードを使用して、SEC から SAV を配布・インストールできまなくなります。この問題への対応策にについては、サポートデータベースの文章 119728 をご覧ください。

重要:コンソールから Windows 8.1 および Windows 2012 R2 を稼働しているコンピュータとして見つけ、それらのコンピュータにエンドポイントソフトウェアを配布する必要がある場合は、 Enterprise Console 5.2.1 R2 にアップグレードすることをお勧めします。

注: Windows 8.1 へアップグレードする際に、使用 OS が Windows 8 であることを既にレポートしている既存の管理対象コンピュータの場合は、保護対策は保持され、正しく SEC へのレポートが行われ、必要に応じて随時、保護対策を再適用できます。

ソフォスでは、この問題に対応する SEC に対するパッチを 11月にリリースする予定です。

 
詳細情報が必要な場合やご不明の点がある場合は、 テクニカルサポート までご連絡ください。

Rate this article

Very poor Excellent

Comments