疑わしいファイルのサンプルをソフォスに提出する

  • 文章 ID: 11490
  • 評価:
  • 2件のカスタマーレビュー、6つ星のうち 4.5つ星
  • 更新日: 2013 12 05


お客様がセキュリティ対策において最善の判断を行えるように、ソフォスではマルウェアを含んでいる疑いのあるファイルをソフォスで解析するサービスを提供しています。

この文章の対象となるお客様

ソフォスにサンプルを提出いただく理由はいくつかあります。このページに記載されている手順は、以下のような状況に該当する場合に活用します。

  • 使用しているコンピュータ上で異常な動作があり、マルウェアの可能性がある疑わしいファイルを見つけた
  • 他社製の別のウイルス対策製品によってファイルが感染していると報告されたが、その検出内容の真偽をソフォスに再確認したいと考えている、または検出漏れの可能性としてソフォスに報告したい
  • ソフォス製品によってコンピュータ上に疑わしいファイルが存在することが警告されているが、安全かどうかを明確でないために確認したい
  • マルウェアの調査中、またはソフォスのセキュリティに関する Web ページでサンプルとしてファイルを提出することが要求されている

疑わしいファイルのサンプルをソフォスに送信する方法

  • サンプル送信用オンラインフォームを使用する (推奨)
  • メールで送信する

 

ソフォス Web サイトに直接送信する

最も早く効率よく解析用サンプルを提出できる方法です。

このフォームからサンプル解析に必要な情報を送信できます。フォームをお使いいただくことで、より速やかな対応が図れます。

注:

  • サンプルをアップロードするようソフォスのサポートより指示があった場合で、問い合わせ中のインシデントがあるときは、「インシデント番号」欄に入力してください。

  • お客様の組織がセキュアなデータ転送を求める法令・規定に準拠する必要がある場合、このフォームからサンプル解析に必要な情報を送信いただく必要があります。オンラインフォームの送信内容は、HTTPS と暗号化技術を活用しているため、セキュアなデータ転送を求める法令・規定に準拠します。

  • サンプルファイルを取得しようとしても、オンアクセス検索でブロックされる場合は、ファイルを安全に取得する方法について、サポートデータベースの文章の指示に従ってください。

  • サンプルを送信する理由、送信者名をお書き添えください。また、疑わしいと思われた動作をお書き添えください。わかる範囲で詳しくご説明ください。難しい専門用語は必要ありません。

  • ソフォスの Web サイトに直接送信できるファイルの最大サイズは 30 MBです。

 

サンプルをメールで送信する

ソフォス Web サイトからサンプルを送信できない場合は、メールでご送信ください。可能な場合は、次の形式のメールを英語で作成してください。

  • お客様のシステムとソフォスのシステムの間には、多数のマルウェア対策が存在する可能性があります。お送りいただくサンプルは、途中でマルウェアとして検出されることなく送信される必要があります。このため、疑わしいファイルをお送りいただく前には、ファイルを ZIP 圧縮し、パスワード保護してください。他の形式で作成されたメールやファイルも処理できますが、より時間がかかる場合がございます。
  • 可能な場合は、英語で概要をお書き添えください。日本語で送信されたメールについても、できる限り早急にご対応させていただきますが、英訳に時間がかかることもございます。

メールの送信先および件名

  • メールアドレス (サンプル):
    samples@sophos.com
  • メールの件名Sample submitted for analysis
    件名欄には上記の英語の件名をご記入ください。
    返信が不要な場合は、件名に「- no reply needed」を追加してください。(例: 「Sample submitted for analysis - no reply needed」)

サンプルファイルの添付方法

注:サンプルファイルを取得しようとしても、オンアクセス検索でブロックされる場合は、ファイルを安全に取得する方法について、サポートデータベースの文章の指示に従ってください。

ウイルス感染の疑いのあるファイルを ZIP 圧縮し、パスワード保護してください。
  • 添付ファイル: 作成した ZIP ファイルをメールに添付してください。
  • パスワード: メールに添付した ZIP ファイルのすぐ下に、パスワードを記載してください。添付ファイル:

Macintosh、Linux、UNIX など、Windows 以外の OS をご使用の場合は、その OS の標準圧縮形式をご使用ください (例: Stuffit、gzip)。

メール本文

メールの本文には次の項目をお書き添えください。

  1. サンプルを送信する理由
    疑わしいと思った現象と、その詳しい説明をお書きを添えください。
    下記に例を示します。
    • 異常に気付いた原因
    • ファイルの送信元
    • ファイアウォールへの影響
    • 他のウイルス対策プログラムによるウイルス検出
    • インターネットの接続スピードが異常に遅い
    • ブラウザの動作異常
  2. OS
    当該のコンピュータで稼動している OS の種類 (Windows のバージョンなど) をお知らせください。
  3. お客様のご連絡先
    次の項目をお書き添えください。
    • お名前
    • ご役職
    • ご所属
    • 国名

関連した文章:

スパムのサンプルをソフォスに提出する方法については、サポートデータベースの文章 23113: スパムメールや誤検知されたメールのサンプルを SophosLabs (ソフォスラボ) に送信する方法をご覧ください。


 
詳細情報が必要な場合やご不明の点がある場合は、 テクニカルサポート までご連絡ください。

Rate this article

Very poor Excellent

Comments