Sophos PureMessage for Windows/Exchange - Terminal Services と共にインストールする

  • 文章 ID: 11431
  • 更新日: 2010 2 16

Sophos PureMessage for Windows/Exchange を Terminal Services と共にインストールすると、問題が発生する場合があります。PureMessage for Windows/Exchange は対応している全ての OS にインストールできますが、設定内容を変更することが必要になる場合もあります。

解決法

Small Business Server 2003

PureMessage for Windows/Exchange は、SBS 2003 にインストール可能です。設定内容の変更は不要です。

Small Business Server 2000

PureMessage for Windows/Exchange は、設定内容を変更してインストール可能です:

  • PureMessage for Windows/Exchange インストール時に Terminal Services が Remote Desktop モードであることが必要です。
  • Terminal Services は、PureMessage for Windows/Exchange インストール後 Application Server として設定し直すことができます。

    Windows 2000 Server

    PureMessage for Windows/Exchange は、設定内容を変更してインストール可能です:

    • PureMessage for Windows/Exchange インストール時に Terminal Services が Remote Desktop モードであることが必要です。
    • Terminal Services は、PureMessage for Windows/Exchange インストール後 Application Server として設定し直すことができます。

    Windows 2003 Server

    PureMessage for Windows/Exchange は、Windows 2003 Server にインストール可能です。

    • PureMessage for Windows/Exchange インストール前に、Terminal Services をアンインストールしてください。
    • PureMessage for Windows/Exchange インストール後、Terminal Services を再インストールしてください。

    このようにすれば、PureMessage for Windows/Exchange と Terminal Services は共に正常に稼動します。

    Windows 2000 Professional/Windows XP Professional

    いずれの OS も Terminal Services サーバーとしては使用できません。

     
    詳細情報が必要な場合やご不明の点がある場合は、 テクニカルサポート までご連絡ください。

    Rate this article

    Very poor Excellent

    Comments